人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月2日

シャークスが快進撃。敵地でレッズを撃破して今季4勝目。スーパーラグビー第5節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

後半5分、敵陣でのスクラムからCTBルカンヨ・アム主将が左隅でゲイン。振り戻しのアタックでNO8ノーチェがDFをノックアウトさせるビッグヒット。

さらに爆発的な加速力を持つPRオクス・ンチェがゲインすると、U20南アフリカ代表の21歳、FLディラン・リチャードソンが逆転トライ。強力ランナーがハイテンポで走り込む攻撃で11-15と逆転した。

粘るレッズは後半11分に1トライを返したが、シャークスはSOカーウィン・ボッシュの2本のPG、CTBアム主将のインターセプトトライ(後半30分)で突き放すと、決定打は後半35分だった。

今季ストーマ-ズから移籍してきたNO8ノーチェが自陣からビッグゲイン。ハンドオフとステップを駆使して独力で突破した。

最後は昨年のカリーカップ(南ア国内選手権)トライ王、22歳のWTBマドッシュ・タンブエが快足を飛ばしてトライ。

レッズもロスタイムで攻め続け、88分にモール攻撃から意地の1トライ。

しかし10点差(23-33)で終戦し、7点差以内の敗戦によるボーナスポイントの獲得もならず。今季4敗目を喫した。

充実のシャークスは、今回のオーストラリア遠征で2連勝。4勝1敗と大きく勝ち越した。

勝ち点は16に伸び、全15チーム中で堂々の2位だ。

ちなみに第5節終了時の総合順位は1位ストーマーズ、2位シャークス、3位ハグアレス。試合数の差はあるものの、南アフリカ・カンファレンス勢が上位を独占している。

過去4度の準優勝を誇るシャークスだが、過去4年はプレーオフの8強止まり。

首脳陣は今年、2014年以来のトップ4、そして初の栄冠を思い描いているはずだ。シャークスの快進撃はどこまで続くのだろうか。

文:多羅 正崇

【ハイライト】レッズ vs. シャークス|スーパーラグビー2020 第5節

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ