人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月24日

連勝スタートは、パナソニック、神戸製鋼、東芝のみ。 実力拮抗の戦い続くトップリーグは、第3節も見どころ満載

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

首位を走るパナソニックは、25日、神奈川県の相模原ギオンスタジアムで三菱重工相模原ダイナボアーズと対戦。7人制日本代表に合流するため離脱した福岡堅樹の穴は、170㎝の小さなWTB梶伊織が埋める。御所実業高校、大東文化大学を経てパナソニック加入、昨季は4試合に出場して2トライ。攻守に堅実なプレーでチームの3連勝に貢献したい。オールブラックスのLOサム・ホワイトロックはリザーブに回り、本来はFLの長谷川崚太がLOで先発する。前節はマン・オブ・ザ・マッチに選出されており、機動力あるLOとして活躍が期待される。今季トップリーグに昇格した三菱重工相模原は、NTTドコモレッドハリケーンズ、キヤノンイーグルスに健闘むなしく連敗。オールブラックスで5キャップを持つLOジャクソン・へモポは開幕戦から大車輪の働き。CTBマイケル・リトルもランニングスキルの高さを見せており、パナソニックをどこまで苦しめるか。

panasonic サム・ホワイトロック

大阪の万博記念競技場で行われるクボタスピアーズ対NTTコミュニケーションズシャイニングアークスも楽しみな一戦だ。クボタには、FLピーター・ラブスカフニ、NTTコムにはNO8アマナキ・レレイ・マフィがおり、日本代表FW第三列が直接対決。またクボタのバーナード・フォーリー、NTTコムのクリスチャン・リアリーファノと、オーストラリア代表SO対決もある。ともに一勝一敗。上位を追いかけるために負けられない戦いだ。

この他にも勝敗の読めない対戦が多い。日本代表や各国代表選手に注目が集まるが、フィジカルのレベルアップが続くトップリーグの中でWTB生方(Honda)など、小さな選手の活躍も見逃せない。特筆すべきは、身長153㎝、体重53㎏とリーグで一番小さな秦一平(NTTドコモ)の奮闘だ。スピーディーなパス裁きだけではなく、ディフェンスでも体を張る。その存在は大相撲の炎鵬のようだ。今節は福岡県のグローバルアリーナに乗り込み、宗像サニックスブルースと対戦。トップリーグを見始めたばかりの皆さんには、代表選手以外にも個性的な選手を見つけて、さらに日本最高峰リーグを楽しんでもらいたい。

文:村上 晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ