人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月29日

Aシード京都成章、「史上最大のFW」で悲願の初優勝を目指す。全国高校ラグビー大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:PR西村(左)とFL三木の共同キャプテンの2人

共同キャプテンの1人、FL(フランカー)三木皓正(3年)は「キックでエリアを取って、 大きなFWでチャイスして敵陣でプレッシャーをかける。そして、PG(ペナルティゴール)かモールで得点を挙げるのが、僕らのスタイル」と話す。

また、もうひとりのキャプテンPR西村優希(3年)は「日本で一番のFWと言われているので花園では、FWがラインアウト、モールなどアタックのすべてのプレーで起点になりたい」と語気を強める。

高校入学時は体重80kgだったが、現在は104kgまで増やしたLO山本も「今年はFWが大きいので、FWで相手のディフェンスをこじ開けて、最後はBK(バックス)で決める」と胸を張った。

日本代表の姫野和樹選手に憧れている、2年生のLO本橋は「先輩たちは頼りになります。敵だったら当たりたくないし、FWでは負ける気がしない」と言うように、大型FWを前面に押し出して戦うことでアドバンテージを取ることができよう。

2年生ハーフ団のSH(スクラムハーフ)宮尾昌典、SO(スタンドオフ)辻野隼大がパスだけでなく、キックでゲームコントロールする。

「めちゃくちゃいい。勝負師だし、一番、努力している」と指揮官が手放しでほめるSH宮尾はスピードもあり、大きなFWが作った隙を突きトライをうかがう。

「(パスで)リズム作って、余裕が出てきたら、相手のディフェンスにも穴が出てくるので仕掛けたい」(SH宮尾)。

また、「辻野よりキックが上手い」と湯浅監督が太鼓判を押す1年生FB(フルバック)大島泰真がハーフ団と協力して、しっかりとキックでエリア取りをして試合を優位に進めるはずだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ