人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月1日

【俺達のONE TEAM】筑波大学の院生ラガーマン。選手と研究、二刀流の挑戦

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

ラグビーワールドカップの日本代表だけでなく「ONE TEAM」で優勝を目指す各大学から、それを支える選手、スタッフを紹介します。今回は筑波大学新聞のコラムです。

*****

筑波大学ラグビー部には約100人の部員がいる。

推薦・一般入試で入学した、体育専門学群の学生が大半を占めるが、医学群の中田都来(3年・灘)や理工学群の熊谷兼人(4年・茗溪学園)を筆頭に、他学群ながら活躍する学生も多い。

その中でも、一際目立つ異色の経歴を持つ部員がいる。今年、筑波大学大学院に進学した松橋瑠偉だ。

仙台高等専門学校出身で、4、5年生の時は全国高専大会で、連覇を成し遂げた実績を持つ。

その後、鹿屋体育大学に3年生から編入し、保健体育の教員免許を取得。今年から筑波大のラグビー部でアナリストとしての活動を始めた。

しかし、6月に一転、大学院生では異例の選手として、再スタートを切った。

「やるからには全力でやりたい」と語った松橋だが、筑波で唯一の院生ラガーマンを始めるきっかけはなんだったのか。筑波で奮闘するラガーマンの素顔に迫った。

青森県出身。男3人兄弟の末っ子として生まれた。兄の影響から、小学4年生で野球を始めると、中学3年生では主将を務めるほど、野球に夢中になった。

ところが、八戸高等専門学校に進学後、野球を続けることはなかった。ラグビー部から熱烈な勧誘を受けたからだ。ラグビーの楽しさを知っていたことも大きい。

小学3年生の頃、2番目の兄が通っていたラグビースクールに誘われ、人数合わせで試合に出場したことがあった。だが、その頃は野球一筋で、ラグビーはあくまで「遊び」だった。

八戸高専では、「ほぼ、ラグビーしかしてなかった」と振り返るほど熱中した。将来は車関係の仕事に就きたいと、機械科のある高専を選んだことを忘れるほどだ。

2年生になると、「もっとうまくなりたい」という気持ちが強くなる。だが、八戸高専は部員が少ない上に、ラグビーをしっかりと教えられる人がいない環境で限界があった。

そこで、3年生の終わりに仙台高専への転校という異例の決断をした。仙台高専は同じ機械科があり、全国高専大会で2連覇していたラグビーの強豪校だ。

転校後はFL(フランカー)やSH(スクラムハーフ)など、複数のポジションをこなし、万能選手として力を発揮。仙台高専の連覇を4まで伸ばした。

「周りの人の支えがあり、純粋にラグビーを楽しむことができた。転校して良かった」と語った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ