人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月9日

南アフリカが10トライ大勝で8強入り!カナダも最後まで奮闘。ラグビーW杯日本大会 南アフリカ vs. カナダ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

防戦一方のカナダは、前半27分にも1トライを許し、大量40点のビハインドを抱えた。さらに同35分に途中出場のジョシュ・ラーセンが危険なクリーンアウトにより一発退場。

カナダはW杯史上最多となる1大会6枚目のレッドカードにより14人となったが、0-47で折り返した後半に奮闘を見せた。

「後半を誇りに思う。ハーフタイムでじっくり考えてアジャストした。(レッドカードで1人退場後の)14人で後半40分、しっかり戦った」(カナダ・ジョーンズHC)

「試合開始30分は、ボールに手をかけることすらできなかった。だが、そこからの50分はいいパフォーマンスができたと思う」(カナダ・NO8アードロン主将)

カナダ WTBジェフ・ハスラー

後半最初の得点はカナダだった。

後半5分、モール攻撃からWTBジェフ・ハスラーがライン突破。ゴール前に迫ると、ショートサイドにFLマット・ヒートンが突っ込んで殊勲のチーム初トライを決めた。47-7

しかし南アフリカも反撃。

後半14分にHOスカルク・ブリッツ、同25分には追加招集からW杯初出場を果たしたFBダミアン・ヴィレムセが左中間にW杯初トライ。同32分には途中出場したフランス・マルハーバがチーム10トライ目をスコアした。

試合の最優秀選手「Player of the Match」にはHonda HEATでもプレーする南アフリカのロック、RGスナイマンが選出。


南アフリカは主力温存の陣容だったが、見事に66-7で大会3勝目。しかし後半は14人のカナダ相手に苦戦を強いられる場面も見られた。

「前半は非常に良かった。後半は少しルーズになってしまったが仕方がない。選手たちが楽しんでプレーできていたことが何よりよかった」(南アフリカ・FLコリシ主将)

これで南アフリカはプールBで3勝1敗(勝ち点15)。カナダは3連敗となりプール戦敗退が決定した。

日本はプールAを突破した場合、プールBの南アフリカと決勝トーナメント1回戦で対戦する可能性がある。そのことを問われた南アフリカのエラスムスHCが答えた。

「日本とは何週間か前に対戦したが強かった。アイルランドもスコットランドも強敵だ。いずれにしても、次からの戦いは手ごわい敵を相手にしなければならない」

日本は2015年大会初戦で南アフリカから大金星。今年9月のW杯前哨戦では敗れている。

大本番での再々戦が実現すれば、日本のみならず世界中の注目を集めることになるだろう。


文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ