人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月7日

ナミビア、オールブラックスに大敗も未来につながる大きな経験。ラグビーワールドカップ2019 ニュージーランド vs. ナミビア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

熱戦が続くラグビーワールドカップもプール戦終盤を迎えて、ベスト8争いも佳境に入ってきた。10月6日(日)は、東京スタジアムでプールBのニュージーランド代表vs.ナミビア代表の一戦が行われた。

「オールブラックス」こと、ニュージーランドは初戦の大一番・南アフリカ戦を23-13で勝利し、続く2戦目ではカナダ代表を63ー0と完封勝ちで圧倒した。

一方のナミビアは、初戦は善戦するもイタリア代表に22-47、南アフリカ代表には3-57と大敗し、2連敗を喫した。

カナダ戦から中3日で戦うオールブラックスは、12人の先発を入れ替えた。LO(ロック)にはケガで休んでいたブロディー・リタリックが復帰し今大会初出場となり、ゲームキャプテンを務めるLOサム・ホワイトロックとコンビを組む。

また、スプリングボクス戦でも先発したWTB(ウィング)ジョージ・ブリッジ、セヴ・リースが入り、SH(スクラムハーフ)アーロン・スミス、FB(フルバック)にベテランのベン・スミス、リザーブにはWTBリーコ・イオアネなど実力者が並ぶラインアップだった。

また、SO(スタンドオフ)にはカナダ戦でWTBとして出場したバレット家の末弟・万能BK(バックス)のジョーディー・バレットが務め、注目を集めた。

一方のナミビアは南アフリカ戦から9人の選手を替えた。キャプテンのCTB(センター)ヨハン・デイゼル初先発。また、LOチウイ・ウアニヴィ、WTBのJC・グレイリン、FBのヨハン・トロンプが3試合連続先発し、ベテランのSHユージン・ヤンキースはリザーブに入った。

2015年大会では、現在キャプテンを務めるCTBデイゼルが、オールブラックスからトライを奪っている。

王者オールブラックスにナミビアがどこまで戦うかが注目された一戦は、直前まで小雨が降っていたが、試合開始前には晴れ間が見えた。

4万8354人の大観衆が見守る中、両チームの国歌斉唱、オールブラックスのハカ「カ・マテ」に続いて、試合は午後1:45にキックオフされた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ