人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月1日

スコットランドがサモアを完封、大会初勝利で勝ち点5を上げる。ラグビーワールドカップ2019 スコットランド vs. サモア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

【ハイライト】スコットランドvs.サモア ラグビーワールドカップ

(c) Rugby World Cup Limited 2019

一方で、敗れたサモアのスティーブ・ジャクソンHCは「スコットランドは特に素晴らしかった。勝利に値するプレーをした」と相手を称賛しつつ、次戦については「まずか80分、戦えるかを考えないといけない。今晩の試合でどこが悪かったか分析するが、しかし、スコットランドが良すぎた」と口にした。

ケガからの復帰戦となったキャプテンのNO8(ナンバーエイト)ジャック・ラムは「いうまでもなく、スコットランドのほうが素晴らしかった。パスミスが多かった。この試合に集中してきたが、これからは日本戦に切り替えないといけない」と肩を落とした。

また、日本のサントリーやサンウルブズでプレーし、現在、豊田自動織機所属のSOトゥシ・ピシは「(中4日での対戦となるため)まずはフィジカルのリカバリーを大事にしたい。(日本代表に勝つためには)ボールを確実にキープする、簡単に取られないように、キープしておくが大事」と意気込んだ。

勝利したスコットランドの次戦は、10月9日(水)に静岡・小笠山運動公園スタジアム・エコパでロシア代表と対戦する。敗れたサモアは、10月5日(土)にプールA首位に立つ日本代表と愛知・豊田スタジアムで相見える。

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ