人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月21日

開催国の重圧乗り越えた!ジャパンが大事な大会1勝目。ラグビーW杯日本大会「日本 vs. ロシア」レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

さらに先制トライは前半5分、ロシアだった。

南アフリカとの壮行試合で課題になったキック処理のミスから、WTBキリル・ゴロスニツキーが嗅覚鋭く捕球して先制トライ(ゴール)。ロシアのゲームメイクを担当するSOユーリ・クシュナレフは「キックは相手の15番を狙っていた」と試合後に明かした。

しかし日本はこの後2連続トライ。きっかけはいずれもCTB(センター)からの片手による逆手オフロドーパス「フリックパス」だった。

「あのパスはこのチームが始まってからずっと練習してきたプレー。その成果が出たと思います」(CTB中村)

前半11分にはCTBラファエレ ティモシーから、同38分にはCTB中村亮土からのフリックパスで、WTB松島がインゴールへ。

2本目のトライで、WTB松島は右スミからゴール中央付近まで回り込んでグラウンディング。キッカーの田村を助け、それに応える形でコンバージョンを成功させて2点追加。12-7とリードして前半を折り返した。

この日の日本のセットピース(ラインアウト、スクラム)は安定していた。ラインアウトは成功率93%(14本中13本成功)、マイボールスクラムも成功率100%(4回中4本成功)だった。

堅固のセットピースを土台として、日本は後半にリードを広げる。

後半3分にPG(ペナルティゴール)で3点追加(15-7)とすると、3分後にはFLピーター・ラブスカフニがタックルからボールを強奪。お手本のようなプレーから独走トライを決めて20-7(ゴール失敗)。

さらにPGを追加して23-7とした後半28分、ロシアの不用意なキックから途中出場の松田力也がカウンター攻撃。

絶妙なタイミングでWTB松島へパスを渡し、ジョセフHCが「フェラーリ」と形容するスピードランナーが、華麗なスワーブからこの日3トライ目を奪取。ゴールも成功して30-10と突き放した。

途中出場の山中亮平が、陣地挽回での特大キック、果敢な突破で見せ場を作るなど、後半に勢いを増した日本がそのまま逃げ切り、重圧の末に大会1勝をもぎ取った。

さらには4トライ以上に与えられるボーナスポイント「1」を上乗せした、勝ち点「5」を獲得。初のプール突破へ、狙い通りのポイントを稼いでみせた。

記念すべき大会初勝利を逃したロシアのリン・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は試合後、厳しい表情を崩さなかった。

「非常に高い強度で戦いました。ロシアの選手はこれだけボールを動かす試合に慣れていない。まったく違う競技のようだった」

「この試合のために1年間準備してきた。今回はやろうとしたことを自分たちでエラーにより、最後まで実行することができなかった」

日本のジェイミー・ジョセフHCは自身初のW杯勝利を淡々と振り返った。

「結果を嬉しく思っている。キックゲームも良かった。このチームは4年間、この日のためにやってきた。いろんなプレッシャーを感じたが、30点を獲ることができたことは良かった」

次戦は中7日となる9月28日(土)、世界ランキング1位のアイルランド代表といよいよ激突。簡単な試合はひとつもない。一戦一戦が大舞台の死闘が続く。

文:多羅正崇

【ハイライト】日本 vs. ロシア ラグビーワールドカップ

(c) Rugby World Cup Limited 2019

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ