人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月8日

「みんなが誇れるような『ONE TEAM』になっていきたい」。ラグビーワールドカップ日本代表記者会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

そして、キャプテンのFLリーチは、「シンプルにベスト8に向けて良い準備ができています。ワールドカップはで1試合、1試合、頑張っていきたい」と語気を強めた。

続いて、自国でワールドカップを開催する意義についてはこう話した。「自国開催はひとつのチャンスだと思いま。1億2000万人に影響を与える場が、自分たちの前にあります」。

「もちろん、プレッシャーもあります。4年間、プレッシャーを感じてきましたが、プレッシャーもエネルギーに変えることができます。言葉よりもプレーで、日本のみなさんに感動を与えたいと思います」(リーチ)。

他にも選手たちは下記のように話した。

◆リーダーの1人、PR(プロップ)稲垣啓太

「これから勝ち上がっていくために大事なことは、1つ1つプレーの詳細をつきつめていくこと。前日の試合もディテールの部分で、わずかな差が大きな差になってしまいました。ティア1(世界の強豪)は些細な差が失点につながる。修正は可能だと思うので、そのディテールをこの2週間、積み上げていきたい」。

◆3大会目の出場となるSH(スクラムハーフ)田中史朗

「今の日本代表は、コーチに頼るだけでなくて、自分たちでしっかり考えてチームを作っていく、自分たちで考えて進化してきた。今までの代表より、さらに誇れるチームになったと思います」。

◆絶対的司令塔SO(スタンドオフ)田村優

「素晴らしい選手、スタッフがいるので、みなでサポートしながら、しっかり準備して自信を持って試合に臨めています。みんなプレッシャーから逃げずに立ち向かうと思うので、良い試合を1試合1試合やっていきたい」。

◆4大会目の出場となるLO(ロック)トンプソン ルーク

「4回目のワールドカップだけど、このチームは、選手、スタッフも一番いい準備をしてきたので自信を持っています。楽しみです」。

◆3大会目の出場となるHO堀江翔太

「(前日の試合は)いい課題が出た。ワールドカップに進むにあたって悪いところがたくさん出たが、ポジティブな課題ばっかりだった。僕だけでなく選手全員がロシア代表戦に向けて、良い準備ができると思います」。

「すべて崩されているのではなく、ディテールという部分が失った部分が大きい。フィジカル的にできていましたし、崩せそうなところ、崩せているところもあった。(開幕の)ロシア代表戦に向けて、詳細をどんどん詰めて行ければいい」。

*****

こうして、ラグビー日本代表の決起会、記者会見が終わった。選手たちは数日のオフを経て、ラグビーワールドカップの公式期間に入り、いよいよ9月20日(金)のオープニングマッチである、ロシア代表戦への準備に入る。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ