人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月17日

3年連続準優勝のライオンズが──。レギュラーシーズンの最終節で明暗。スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

先制トライは電撃的なノーホイッスルトライ。

キックオフボールを捕球したライオンズのWTBアピウ・ディアンティが、華麗なステップでいきなり防御裏へ。

フォローしていたNO8ハチヴァ・ダイマニが右中間におさえ、なんと必勝を期するライオンズが開始15秒で先制トライ(ゴール)を奪った。

ところが3分後、敵陣でPK(ペナルティキック)をもらったブルズが速攻。この日ジャッカルも効果的だったFLハンロ・リーベンバーグがラック際を制し、あっけなくスコアを振り出しに戻した(7-7)。

さらにライオンズがPGで3点を加えた前半11分、ブルズはラインアウトから、得意のモールをエリア中央付近で形成。そのままなだれ込む奇襲が炸裂し、逆転トライを決めた。14-10

前半のブルズは、さらに2トライとPGを追加。しかしライオンズも敵陣でのPKで、CTBエルトン・ヤンチースがショットを2度成功。ビハインドを12点(19-31)に詰め、後半へ向かった。

後半もCTBヤンチースのPG成功(後半3分)で差を詰めると、同7分にRGスナイマンが、ノーバインドのタックルでシンビン(10分間の一時退場)に。

相手が14人になり好機のライオンズは、後半16分にラインアウトモールで確実にトライ(ゴール失敗)。

ついに4点差(27-31)となり、たとえばこのまま終了しても、7点差以内の敗戦によるボーナスポイントでPO進出。

しかし──。

ブルズは南アフリカの同胞であっても、当然ながら手を抜くことはなかった。

後半20分、心臓の病から選手復帰したWTBコーナル・ヘンドリックスがオーバーラップを仕留め、同25分にはSOハンドレ・ポラードがスコア。

後半30分にはそのSOポラードからのラストパスを途中出場のマニー・リボックが押さえ、2019年レギュラーシーズンの最後のトライを飾った。

27-48で敗れたライオンズ。

総合9位でPO進出の権利を失い、暫定総合8位だったハイランダーズのPO進出が決定。悲願の初優勝は持ち越しとなった。

6月21日(金)に始まるプレーオフ準々決勝のカードは以下の通りだ。

果たしてワールドカップイヤーのSR王者は──。世界最高レベルの頂上決戦から目が離せない。

準々決勝(QF)カード

・クルセイダーズ(NZ/シード1)×ハイランダーズ(NZ/シード8)
・ハリケーンズ(NZ/シード4)×ブルズ(SA/シード5)
・ジャガーズ(ARG/シード2)×(チーフス(NZ/シード7)
・ブランビーズ(AUS/シード3)×シャークス(SA/シード6)

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ