人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月7日

大東文化、早稲田相手に好プレー連発も遠い白星。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by スポーツ大東編集部
  • Line

試合後に日下唯志監督は、ラインアウトでのミスを修正点として挙げた。敵陣深くのラインアウトを含め、この試合では獲得率が非常に低く、多くのチャンスをここで逃してしまった。

また、前回の帝京大学戦から修正してきたディフェンスも、新たなる課題点とした。

一方で、「ボールをキープしたらスコアできる、というのがわかった」とアタック面に対しては前向きな評価を下した。

後半にトライを決めた星野は、「サポートで付いていただけなので、ただ、ごっつぁんですというか…」と試合後に振り返った。

だが、絶妙なタイミングで抜け出してパスを受け、追いかける早稲田ディフェンスを寄せ付けない速さでゴールまで持ち込んだプレーは「ごっつぁんです」以上の意味があるだろう。

写真:一気にゴールまで持ち込んだ星野

また、スピードを生かしたプレーが得意と言う松田は、その言葉通りのプレーでトライを決めている。前半の鈴木や長谷川も含め、「スコアできる」と改めて感じさせてくれるBK(バックス)陣の好プレーが連発した試合だった。

とはいえ、これで春季大会3連敗。未だ見えない白星に、選手自身も痛感した、ディフェンスやコミュニケーション不足などの部分を課題として挙げた。

第4戦目となる次戦の慶應義塾大学戦に向け意気込み、まとまってきたと言うFW(フォワード)と、今試合で活躍したBKで一つになって春季大会初勝利を目指す。

大東文化大学と慶應義塾大学の試合は、6月9日(日)午後0:55から、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文/写真:馬場修平(スポーツ大東)

スポーツ大東編集部

スポーツ大東編集部

1967年創刊。大東文化大学体育連合会所属。ラグビー部や陸上競技部、テコンドー部など国内外で活躍する「大東スポーツ」を、年4回の新聞発行やブログ、Twitterで学生たち自ら情報を発信する。現在活動している部員数は14名。随時部員募集中。
»Twitter »ブログ

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ