人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月25日

サンウルブズ、リーグ除外発表後の一戦。スーパーラグビー2019「サンウルブズ×ライオンズ」レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
ヒトコム サンウルブズvs.ライオンズ

■サンウルブズ(日本)×ライオンズ(南アフリカ)
■スーパーラグビー2019第6節/3月23日(土)/シンガポール・ナショナルスタジアム
■リーグ除外公表のサンウルブズが強敵ライオンズと激突。課題の規律面は克服ならず。

日本を代表して戦ってきたサンウルブズは、2020年をもってスーパーラグビー(SR)を去る。

SRの統括団体SANZAAR(サンザー)は、3月22日(金)、2020年限りでサンウルブズ(日本)をリーグから除外し、2021年から14チームによる総当たり戦にすると公表した。

公式発表はライオンズ戦の前日だったが、選手・スタッフには3月21日(木)に渡瀬裕司CEOから直接伝えられていたという。

パフォーマンスへの影響が懸念される状況だが、トニー・ブラウンHC(ヘッドコーチ)はライオンズ戦後、影響を否定するコメントを発表した。

「金曜のニュースは、今日の試合のパフォーマンスには全く影響はありませんでした。今週はライオンズとの試合に集中し、チームは非常にいい準備ができていました」

サンウルブズとしては目の前のゲームに集中し、今季2勝目という結果でプライド、存在価値を示したいところだった。

チームには今節より日本代表 RWCTS(ラグビーワールドカップ・トレーニングスコッド)の数名が、予定どおり沖縄キャンプから合流していた。

サンウルブズは31-34で逆転負けを喫した先週のレッズ(オーストラリア)戦から、先発6人(FW3人、BK3人)を変更したが、そのうちWTBに入ったセミシ・マシレワをのぞく5人がRWCTS組となった。

フォワードに入ったRWCTS組は、PR三上正貴、PR具智元、LOグラント・ハッティング。

そして先発バックスにはCTB立川理道、FB山中亮平が名を連ねた。

またリザーブにはこちらも合流組の田中史朗、山沢拓也がメンバー入りし、山沢はこの日後半途中出場でSRデビューを飾った。

サンウルブズとRWCTSとの連動性についてだが、FB山中は「やっていることはほとんど一緒です。すぐサンウルブズに溶け込んだというか、やり方は分かっているので、あまり違いはないです」と試合前に語った。

その言葉通り、年間通して気温30度前後の暑いシンガポールで、序盤のサンウルブズはスムースな攻撃で先制した。

狼軍団は開始早々、WTBゲラード・ファンデンヒーファーがビッグゲイン。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧