人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月14日

狼たちが秩父宮に帰還、今季2勝目とホーム初勝利を目指す。サンウルブズvs.レッズ戦みどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

レッズのブラッド・ソーンHCは、「今週はオーストラリア協会のルールにより2人の選手が出場しないが、我々はルーアン(・スミス)とアンガス(・スコット ヤング)を先発させることができ、ルカーン(・サラカイアロト)がセカンドとバックローができるので、層の厚さ見せることができる」。

「今週末はSOブライス・ヘガティーを休ませて、代わりに出るアイザック(・ルーカス)は今シーズン、3度試合に出て、質の高いラグビーをプレーしていた。彼は若いことから10番でプレーしているので、これは彼にとって特に新しいことではない」。

「新しくベンチに入れた3選手はトレーニングに熱心に取り組んできたので、今週メンバーに入れるのにふさわしいと考えた」と選手起用について説明した。

レッズとしてはセットプレーでプレッシャーをかけて、突破力のあるBK陣でトライを取り切りたいところだ。

サンウルブズとしてはホーム初勝利、そして今シーズン2勝目を挙げて、上位進出の足がかりにしたいところだ。一方のレッズは今シーズン初勝利を何としても奪取したいところだろう。

どちらも勝利に闘志を燃やす一戦は、3月16日(土)秩父宮ラグビー場でキックオフされる。午後0:45からJ SPORTS 4で生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ