人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月6日

勝ち残ったのはAシード2校、2つの「桐蔭」が決勝で激突。全国高校ラグビー大会準決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月5日(土)、大阪・東大阪市花園ラグビー場で「花園」こと、全国高校ラグビー大会の準決勝2試合が行われた。

ノーサイド。歓喜の大阪桐蔭フィフティーン

1試合目はAシードの大阪桐蔭(大阪第1)が、初のベスト4進出となったBシードの流通経済大柏を攻守で圧倒し、31-17で勝利。2年連続の決勝に進出した。

2試合目はAシード同士の対決となり、桐蔭学園(神奈川)と東福岡(福岡)が激突。点の取り合いとなったが、桐蔭学園が得点力で上回り、46-38で勝利し3大会ぶり6度目の決勝に駒を進めた。

第1試合の大阪桐蔭と流通経済大柏。先制したのは初の準決勝となった流通経済大柏だった。キックを上手く使って相手陣に攻め込み、ボールを展開してCTB(センター)柳田翔吾(3年)がトライ。

だが、焦りはなかったという大阪桐蔭も12分、ゴール前スクラムからブラインドサイドを攻めて2年生WTB(ウィング)野村将大が飛び込んでトライ。

大阪桐蔭2年生FL奥井の突破

さらに14分には、相手のキックから攻撃を継続し、SO(スタンドオフ)嘉納一千(2年)が相手のギャップを突いて、最後はWTB三島琳久(3年)がトライを挙げて、14-5とリードする。

28分、流通経済大柏もキックチャージからSO家村健太(3年)がトライを挙げるが、大阪桐蔭が前半終了間際にPG(ペナルティゴール)を決め、17-12とリードして折り返した。

後半は、ディフェンスで上回り、敵陣で戦う時間が増えた大阪桐蔭が、強みであるFW(フォワード)がゴール前でボールを継続。

4分、11分にFL(フランカー)河村レイジ(3年)がトライを挙げて31-12と勝負を決めた。

流通経済大柏FL木村のトライ

19点差となったため、流通経済大柏も積極的にボールを動かし攻めたが、29分にFL木村倭(3年)がトライを返すのがやっとで万事休す。

終始、攻守にわたって相手にプレシャーをかけ続けた大阪桐蔭が、31-17で勝利して、2年連続の決勝進出を決めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧