人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月4日

平成最後の「花園」ベスト4出揃う!第98回全国高校ラグビー大会・準決勝プレビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
全国高校ラグビー大会 準決勝

12月27日に開幕した平成最後の「花園」第98回高校ラグビー大会は、ついにベスト4が出揃った。

1月5日(土)に聖地・東大阪市花園ラグビー場(第1グラウンド)で行われる準決勝2試合は、ファン必見の熱い試合が予想される。

第1試合「大阪桐蔭(大阪第1)×流経大柏(千葉)」/12:45K.O.

昨季準優勝の大阪桐蔭(Aシード)と、初のベスト4進出を遂げた流経大柏(Bシード)が激突する。

大阪桐蔭を優勝候補筆頭に挙げる指揮官は少なくない。

桐蔭学園(神奈川)の藤原秀之監督は、今春の選抜大会から「頭ひとつふたつ抜けているチーム」と評し、対戦相手となる流経大柏の相亮太監督も、準々決勝後に「今大会で一番力のあるチームだと思っています」と語った。

チームの看板は、FL奥井章仁(2年)擁する強力FW。準々決勝の報徳学園戦(兵庫)では、FWが再三ゲインラインを突破するなどして38-17で勝利した。

しかしBKも完成度が高く決定力がある。

攻守に頼もしく「ザ・センター」といった風格のCTB松井千大キャプテン(3年)、今夏からCTBで起用されている司令塔タイプの高本幹也(3年)ら、スキルフルな選手が揃う。

対する流経大柏は、今もっとも勢いのあるチームと言えるかもしれない。

常翔学園(大阪第3)との準々決勝では、14点ビハインドの後半17分から3連続トライで逆転勝ち。

指揮官の相監督は「『今日は45分間は辛抱しなさい』という話をしていました」という。

「常翔学園さんの動きが止まる時間帯がそのくらいという分析があったので、残り15分で勝負しようという話をしていました」(流経大柏・相監督)

監督を始めとするスタッフのプランを信じ、選手たちが残り約15分で見事に逆転を遂げた。

今季の流経大柏といえば、今年7月の全国7人制大会を制したBK陣だろう。

センス溢れるSH諸井琉哉(3年)、SO家村健太(3年)のハーフ団に、CTB土居大吾(3年)、快足フィニッシャーのWTB永山大地(3年)らが揃う。

しかしPR葛西拓斗キャプテン(3年)をはじめとするFWには、LO星野竜輝(3年)、LO八木澤龍翔(3年)ら昨年度レギュラーのハードワーカーが並んでおり頼もしい。

12時45分キックオフの第1試合で、流経大柏とすればFW戦で相手に自信を与えないことが重要になるだろう。FW戦で優勢になれば、大阪桐蔭のプランを崩すことができる。

大阪桐蔭は、大会随一の強力FWから主導権を握るか。いつものように接点勝負で勝つことができれば、才能溢れるBKも加勢し、スコアが重なっていくことだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧