人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月7日

帝京、筑波を圧倒し8連覇達成、次の目標は大学選手権10連覇。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

師走の名のとおり、あっという間に今年度の対抗戦も最終ゲーム。勝てば「8連覇」がかかる大一番。

冷たい風が吹く、熊谷での熱い一戦に注目が集まった筑波大学戦。終始、相手を圧倒し続けた帝京大学が、66-10で勝利した。

先制トライのCTB尾崎

前半5分、いきなり帝京大が魅せた。自陣ゴール前まで攻められている中、CTB(センター)尾崎泰雅(2年=伏見工)が筑波大のボールをインターセプトし、およそ90mを独走。会場が沸いた。

続く13分には、ゴール前のラインアウトからモールを組み、対抗戦初出場のルーキーFL(フランカー)中野光基(1年=大阪桐蔭)がトライを挙げる。

また19分にも、敵陣ゴール前でのFW(フォワード)の連続攻撃から、SH(スクラムハーフ)小畑健太郎(4年=伏見工)が素早くさばいて右に展開。鋭角に走りこんだ尾崎がそのままトライをあげた。

尾崎は26分にもトライを奪い、ハットトリック達成。チームは28-0で前半を折り返す。

WTB木村のトライに喜ぶ帝京大

後半も開始早々、WTB(ウィング)木村朋也(2年=伏見工)がフィニッシャーとしてトライ。

17分にもSO(スタンドオフ)北村将大(2年=御所実)のキックパスに反応したFB(フルバック)竹山晃暉(4年=御所実)がキャッチし、中央に持ち込みトライをあげた。

またこの試合、試合終了間際に木村が「コース取りとボールのもらい方を意識した」とダメ押しのトライをあげ、尾崎に続いてハットトリックを達成するなど、帝京大のアタックの強さを再確認した80分となった。

試合は66-10で帝京大が大勝。対抗戦史上初の「8連覇」を達成した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧