人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月3日

ヤマハ発動機が4強進出。NTTコムはチーム初のトップ4逃す。

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

○ヤマハ発動機 33-21 NTTコミュニケーションズ
○トップリーグ1~8位決定トーナメント1回戦(12月1日、静岡・ヤマハスタジアム)
○セットプレーから優位に立ったヤマハ発動機が4強進出

ヤマハ発動機vs.NTTコム

負けてしまうと4強進出、そしてトップリーグ優勝への道が断たれる上位トーナメント1回戦。

6勝1敗でホワイトカンファレンスを1位通過した昨季3位のヤマハ発動機は、悲願のトップリーグ初制覇へひた走る。

会場は本拠地・ヤマハスタジアムであり、地の利を活かせる状況。ラインアウトでスローイングを務めるヤマハ発動機のHO日野剛志は、スタジアムの特徴を熟知していた。

「冬のヤマハスタジアムは風が強い。また場所によって風の向きが変わります。詳しくは言えませんが、いつもやっているので『(ラインアウトで)バックスタンド側のココだったらココで取りたいね』という話は大戸(裕矢)としていました」(ヤマハ発動機・HO日野)

一方、敵地へ乗り込んだ昨季9位のNTTコムは、3勝4敗でレッドカンファレンスを4位通過。

勝利すれば、チーム過去最高位の4位以上が確定。先週のカップ戦に続いてNO8アマナキ・レレイ・マフィを先発起用するなど、総力戦で新たな歴史に挑戦した。

試合の大きな見どころはスクラム戦だったろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧