人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月29日

慶應義塾、大学選手権を見据え最終戦に挑む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

青山学院大学に勝って対抗戦優勝という、光景が見たかった。だが、慶應義塾大学はアカクロの前に勝利を収めることができず、その姿は夢の話になってしまった。

優勝に望みを残して、迎えた早稲田大学との一戦。試合開始後、すぐに試合は動かず、膠着状態が続く展開となった。

慶大は22mラインの中でのラインアウトやスクラムなどの決定機を逃し、早稲田もチャンスをものにすることができなかった。その中でもわずかに慶大が優位に立っているように見えた、前半中盤までの攻防。

試合の均衡はまさかのプレーで破られた。早大SO(スタンドオフ)岸岡智樹(早3・東海大仰星)が自陣のハーフウェイライン近くからDG(ドロップゴール)を蹴ると、ボールは一直線でゴールへ。超ロングキックが成功し、早大が3点を先制した。

ラインアウトを生かせなかった

さらに、その5分後。早大にインゴール前でのラインアウトで、ボールをキャッチされると、モールでの攻撃で押し込まれて、トライを許してしまう。慶大も早い段階で得点を入れておきたいところだった。

徐々にテンポをつかんで、22mラインの中でのラインアウトモールの好機を作り出す。だが、早大のジャンパーにボールを弾かれ、トライを取れず。

対して、前半終了間際に早大にPG(ペナルティゴール)を決められ、11点差にされてしまう。何度もチャンスを演出していた慶大だったが、インゴールまでは一度もたどり着くことなく、前半を0-11で終えた。

後半は慶大に待望の得点が生まれる。FL(フランカー)山本凱(経1・慶應)のビックゲインやNO8(ナンバーエイト)山中侃(商4・慶應)のレッグドライブで早大インゴールへ近づいていくと、最後はPR(プロップ)細田隼都(商4・慶應)がインゴールにグラウンディング。

これで、7-11。後半最初のトライに逆転勝利への期待が高まる。さらに慶大がフェーズを重ねて攻めていき、慶大の攻撃の時間帯になったかに見えた。

だが、ハンドリングエラーでボールを失うと、キャッチしたFB(フルバック)河瀬諒介(早1・東海大仰星)を起点とした早大のカウンターアタックを受けてしまう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧