人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月2日

ジャパンが2019年W杯で対戦するアイルランドが、秋シーズン初陣へ。アイルランド×イタリア

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

スクラムは代表53キャップのPRジャック・マグラスが頼もしい。今年6月に先発も務めたNO8ジャック・コナンは、昨年の日本戦にも出場した主力級。

SOジョーイ・カーバリー、FBジョーダン・ラーマー、そして身長193センチの大型WTBジェイコブ・ストックデイルらはみな20代前半。アイルランドの若い才能に注目したい。

またリザーブの身長191センチのSOロス・バーンと、ユーティリティBKのウィル・アディソンは出場すれば代表デビューとなる。

一方のイタリアは、今季シックス・ネーションズでは最下位に終わった。アイルランドには19-56で敗れており、実力差は否めない。両国の通算対戦成績は、アイルランドが24勝4敗で大きくリードしている。

イタリアはまず強固なディフェンスを披露したい。アイルランドの強みのひとつであるスクラムでどれだけ対抗できるかも鍵だろう。

今回のアイルランドは経験の浅いメンバーもいるが、アイルランド選手はみなハードワーカーで堅実。どんな編成でも大崩れしない地力があり、それは主力11人が不在だった昨年6月の日本戦で証明済みだ。

アイルランドはイタリアと対戦後、母国でアルゼンチン、ニュージーランド、アメリカと対戦する。11月17日のニュージーランド戦は現時点での世界1位、2位によるビッグマッチとなり注目が集まる。

イタリアはジャパンが今年6月に対戦し、1勝1敗(●22-25/○34-17)だった相手でもある。そのイタリアに、若手中心のメンバー構成となったアイルランドがどんな戦いを見せるのか。

注目のアイルランド×イタリアは、11月4日(日)午前4:45からJ SPORTS 1で生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。多くの視点から楽しめる一戦になるだろう。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ