人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月28日

ザ・ラグビーチャンピオンシップ 第5節の見どころ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

対するプーマスは、今季絶好調のWTBラミロ・モヤーノが怪我で欠場するのが痛い。代わってWTBには前節CTBのマティアス・モローニが移動し、CTBには、ヘロニモ・デラフエンテが入る。プーマスは、スプリングボクス、ワラビーズを下して勢いがあり、今回、オールブラックスが負傷などでフォーストチョイスの選手が多数抜けていることもあり、初勝利のチャンスに意気込んでいる。オールブラックスのスティーブ・ハンセンヘッドコーチは、プーマスの勢いと熱狂的なサポーターの声援を警戒。オールブラックスの選手といえども、パニックになることはある。持ち前の低いタックルでプレッシャーをかけ続け、ミス、反則を誘えば勝機はある。

もう一試合は、南アフリカのポートエリザベス(ネルソン・マンデラ ベイ・スタジアム)で、スプリングボクスがワラビーズを迎え撃つ。オールブラックスを破って意気上がるスプリングボクスは、先発にWTBチェスリン・コルビ、NO8 シクンブーゾ・ノーチェを加えた。CTBダミアン・デアリエンディが怪我のため、前節WTBで出場したジェシー・クリエルがCTBに戻り、アンドレ・エスターハイゼンとコンビを組む。コルビはオールブラックス戦で途中出場ながらインターセプトから値千金のトライをあげている。抜群のスピードをワラビーズ相手にも発揮できるか。

マイケル・フーパー

オーストラリア vs. 南アフリカ戦のマイケル・フーパー

ワラビーズは、大腿部の肉離れからキャプテンのFLマイケル・フーパーが復帰し、FLネド・ハニガン、NO8デヴィッド・ポーコックと強力なFW第三列を形成。3番のPRでは、22歳のタニエラ・トゥポウが先発。チームを勢いづける爆発的な突進が期待される。SOカートリー・ビール、インサイドCTBマット・トゥムーアがいかにゲームをコントロールするかも楽しみだ。

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ