人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月4日

トップリーグは面白い。熱い戦いが繰り広げられたラグビー トップリーグ第1節

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
姫野和樹

トヨタの主将 姫野

トップリーグは面白い。多くのファンがそう実感したであろう開幕節だった。もっとも多くの観客を集めたのは、9月1日(土)、2試合が行われた愛知県の豊田スタジアムだった。第1試合は、ヤマハ発動機ジュビロがコカ・コーラレッドスパークスを、43-3で下した。FB五郎丸歩は、5ゴール、1PGを決めてリーグ通算1195得点とし、個人得点の最多記録を塗り替えた。この時点での観客は、19,023人。第2試合は、三連覇を狙う王者サントリーサンゴリアスを、地元のトヨタ自動車ヴェルブリッツが迎え撃つとあって、キックオフ前から観客が増え始め、最終的には、31,332人に膨れ上がった。トップリーグ史上最多の観客数だった。

梶村祐介

MOMに選ばれたサントリー梶村

試合内容もそれにふさわしかった。トヨタが大学卒のルーキーを4名(PR三浦昌悟、木津悠輔、NO8吉田杏、WTB岡田優輝)出場させたほか、先発15人中、13人が2年目までの選手達。生まれ変わろうとするチームの勢いを感じた。サントリーも大卒のルーキー3名(PR堀越康介、CTB梶村祐介、WTB尾崎晟也)を起用。「シンプルに良い選手を選んだだけです」とサントリーの沢木敬介監督。トヨタのジェイク・ホワイト監督も同じことを答えただろう。この試合では指揮官の期待に応えて新戦力が躍動した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧