人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年8月23日

【ザ・ラグビーチャンピオンシップ】オーストラリア代表、ワラビーズの注目選手

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆観客をワクワクさせるアタッカー
 カートリー・ビール(Kurtley Beale)

所属:ワラターズ
ポジション:CTB(センター)
身長/体重:184cm/92kg
生年月日:1989年1月6日
キャップ数:74

CTB(センター)としてプレーをすることが多いが、BKならどこでもこなせるユーティリティーで、攻撃的な選手がカートリー・ビールだ。ステップワークも上手くて突破力があり、ロングキックも得意だ。

オーストラリアの先住民アボリジニの血を引くビールは、3年連続でオーストラリアの高校代表に選ばれ、在学中の16歳の時にワラターズとプロ契約し、2007年に卒業してすぐ、18歳でスーパーラグビーデビューを果たした逸材だった。

2009年にワラビーズで初キャップを獲得すると、2010年はワラビーズ全14試合のうち13試合に出場し、7トライを記録するなどの活躍でオーストラリア年間最優秀選手に輝き、さらにIRB(現ワールドラグビー)の年間優秀選手にノミネートされた。

2011年、ワールドカップに初出場した後、2012年にレベルズに移籍したが、2014年にワラターズに復帰した。昨年はイングランドのワスプスにプレーしていたが、今年から再びワラターズに戻り、オーストラリア代表にも名を連ねている。

ボールを持ったらワクワクさせてくれる選手の1人だ。CTBもSO(スタンドオフ)、FB(フルバック)でもプレーでき、安定感もあり、マイケル・チェイカ ヘッドコーチにとっても信頼できる選手の1人だろう。

グラウンド外ではお騒がせな一面も多く、飲酒運転などを過去に起こしている。また、2014年には代表の女性スタッフへの不適切な発言をめぐって、当時のユアン・マッケンジー ヘッドコーチが辞任に追い込まれる事態に発展したことも。ただ、来年30歳になるベテランとなり、昨今はプレーに集中していると言えよう。

◆決定力が魅力の長身フルバック
 イズラエル・フォラウ(Israel Folau)

所属:ワラターズ
ポジション:FB(フルバック)
身長/体重:193cm/103kg
生年月日:1989年4月3日
キャップ数:65

3つのフットボールでその能力をいかんなく発揮している、オーストラリアを代表するスポーツ選手の1人がイズラエル・フォラウだ。193cmの長身でハイボールに強く、しなやかな走りで決定力も高いFBだ。

両親はトンガ系で、フォラウ自身はオーストラリアで生まれた。17歳のときに13人制ラグビーでプロデビューを果たし、18歳の時に史上最年少で13人制オーストラリア代表に選出された。

さらにオージールールズ(オーストラリアンフットボール)でも活躍したが、2013年から15人制ラグビーに転向し、ワラターズに所属。15人制ラグビーでもすぐに頭角を現し、ワラビーズにも選出され、2014年にはワラターズの優勝に大きく貢献した。

2015年ワールドカップではワラビーズこそ準優勝だったが、フォラウ自身はケガの影響もあり、期待通りの活躍ができなかったと言えよう。ワールドカップ後はNTTドコモでプレーする予定だったが、ケガの影響で登録は抹消されて日本でプレーすることはなかった。また、昨年はパナソニックと契約するかもという噂話が出たが、家族との時間を優先したという。

2014年、15年、17年とオーストラリアの年間最優秀選手賞である「ジョン・イールズ・メダル」を3度受賞する快挙を成し遂げた唯一の選手である。今年のスーパーラグビーで11トライを挙げた決定力と、ハイボールキャッチを武器に、ザ・ラグビーチャンピオンシップ、そして2019年ワールドカップでも大いに活躍が期待されている。

愛称は「イジー」。4月にフォラウのインスタグラムでの発言が物議を醸し出したが、協会はあくまでも個人の発言として距離を取っているという。ニュージーランドのネットボール選手だった夫人との間に2人の子供がいる。少年時代にプレーしたクイーンズランドの街には「イズラエル・フォラウ通り」がある。

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ