人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年5月17日

三宅淳詞選手(No.3 Niterra MOTUL Z)「今までのなかで一番うれしいレースになったのかな」 | SUPER GT 2024 第2戦 富士【SUPER GT あの瞬間】

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line

無料動画

三宅淳詞選手(No.3 Niterra MOTUL Z)「今までのなかで一番うれしいレースになったのかな」 | SUPER GT 2024 第2戦 富士【 #SUPERGT あの瞬間

── 緊張やプレッシャーもある中で迎えた開幕戦と今回を比較して、ご自身の心境含め、何か変化はありましたか?

三宅:僕自身、開幕戦ではまだGT300車両を抜くという展開を経験しておらず、不安要素もプレッシャーもあって、どうなるのかなっていう感じでした。でも、しっかり完走することができましたし、(6位入賞して)ポイントも獲得することができたので、そういう部分が自信に繋がったのかなと思います。その一方で、開幕戦では悪かった部分もあったので、クルマ、ドライビングも含めて改善した結果、富士では走り出しから手応えはありました。それで、レースウィークを通じて焦ることなく進むことができたのかなと。メンタル的にもよい状態だったと思います。

── 振り返ってみれば、昨シーズンの第4戦富士では(三宅が参戦していたGT300クラスの)244号車で残念なアクシデントがあり、それ以来、チーム参戦が見送られました。悔しい思いから一転、今シーズンは大きなチャンスを掴んで新たなチャレンジに挑んでいます。今回の富士戦で、なにか感じるものはありましたか?

三宅:去年の(第4戦)富士大会では、クルマのトラブルによってそれ以降の参戦がもうできなくなってしまう状況で、本当に悔しい思いをしました。今年は、周りの方のたくさんのサポートがあって、こうしてGT500クラスにステップアップしてレースに戻ってこられたので、やはり早く結果を出して恩返しをしたいという気持ちはありました。なので、去年トラブルがあった富士で今回優勝することができたというのもびっくりしましたし、運命なのかなと思いましたね。

── 予選は日産勢トップの2位でスタート。3時間レースがSUPER GT初でしたが、チームはどのような戦略を立てたのでしょうか?

三宅:3時間レースのフォーマットは初めてでしたが、やっぱり速くないと勝てないので、決勝ペースで速く走ることを追求しました。スタートダッシュもよかったですし、そのあとの高星選手のペースも本当によく、大量リードを築いてきてくれたので、作戦どおりに進んだのかなと思います。その大量リードがあったので、僕自身は本当に落ち着いて無理することなく、例えばGT300車両との接触だったりイエロー無視とか凡ミスなどに気をつけて、落ち着いて走ることができたので……こういう言い方が合っているかどうかわかりませんが、“ラクな走行”ができたのかなと思います。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ