人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年10月1日

バウティスタ逃げ切れるか?ラズガットリオグルが47点差に迫る | FIM スーパーバイク世界選手権2023 第11戦 ポルティマオ プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
FIM スーパーバイク世界選手権2023 第11戦 ポルティマオ

FIM スーパーバイク世界選手権2023 第11戦 ポルティマオ

市販車ベースのマシンで争う最高峰レース「FIMスーパーバイク世界選手権(WSBK)」の2023年シーズンは残り2戦。第10戦アラゴン(スペイン)に続き、2週連続開催となるレースがポルティマオ(ポルトガル)で開催されます。チャンピオン争いも佳境となった第11戦・ポルティマオ=9月29日(金)〜10月1日(日)のレースプレビューをお届けしましょう。

前戦・アラゴンはレース1でランキング首位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)が転倒、ノーポイントに終わり、3レースとも表彰台でフィニッシュしたランキング2位のトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)がポイント差を10点詰めて47点差に迫ることになりました。

残りは2戦=6レースですから、最大獲得ポイントは124点。ランキング3位のジョナサン・レイ(カワサキ=328点)は首位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ=504点)との間にそれ以上の差が開いてしまったため、チャンピオン争いから脱落。これでチャンピオン争いはアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)vsトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)の一騎討ちとなったのです。

これまで両者には大きな差が開いていましたから、47点差と聞くとかなり差がなくなったような印象を受けるかもしれませんが、依然として大きな差があるのは事実です。1レースあたりの最大獲得ポイントは62点。次が最終戦ですから、これすなわち62点以上の差がつくと、今回のポルティマオ(ポルトガル)でアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の2年連続チャンピオンが決定します。

トプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)がそれを阻止するにはポルティマオで3連勝を飾るのが理想です。しかし、前戦アラゴンのようにラズガットリオグルが1勝もできないレースウィークになってしまうと、その順位によってはバウティスタの王座が決まる可能性があります。何が何でも勝つしかない、崖っぷちにラズガットリオグルはいるわけです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ