人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年10月1日

ドゥカティのブレガがチャンピオンに王手! | FIM スーパースポーツ世界選手権2023 第11戦 ポルティマオ プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
FIM スーパースポーツ世界選手権2023 第11戦  ポルティマオ

FIM スーパースポーツ世界選手権2023 第11戦 ポルティマオ

スーパーバイク世界選手権を目指すライダーたちが数多く参戦する「FIMスーパースポーツ世界選手権(WSSP)」の第11戦がポルティマオ(ポルトガル)で9月29日(金)〜10月1日(日)に開催されます。今シーズンも残り2戦4レースとなりました。

アラゴン(スペイン)、ポルティマオ(ポルトガル)と2週間続く、イベリア半島での連戦ですが、相変わらず調子が良いのが来季、ドゥカティワークスからのWSBK昇格が決まっているイタリア人ライダー、ニッコロ・ブレガ(ドゥカティ)です。前戦アラゴンでも2連勝を飾り、今季13勝目を記録。マニクール(フランス)から4連勝という強さを見せており、勢いは止まりません。

ランキング2位のステファノ・マンジー(ヤマハ)とのポイント差は残り2戦4レースとなった今、ついに85点に。今回のポルティマオ(ポルトガル)のレース1でマンジーが優勝したとしてもブレガが3位に入れば、レース2を前に年間チャンピオンが決定します。今季、これだけ活躍し、さらに来季以降も前途洋々なステップアップルートを勝ち取ったブレガですから、落ち着いてチャンピオンを決めてくるでしょう。もうここまで来れば守りに入ってもブレガがチャンピオンになれる可能性が高いと言えます。

ライバルのステファノ・マンジー(ヤマハ)は今季イモラでのダブル優勝を含めて3勝をマークしていますが、彼が今年手に入れたいのは年間チャンピオンではなく、1つでも多くの勝ち星でしょう。性能調整により、以前の中量級クラスとは違うレースになったとはいえ、同じヤマハYZF−R6に乗って連戦連勝を重ねてタイトルを取った現WSBKライダーのアンドレア・ロカテリ、そして同じくWSBKライダーのドミニク・エガーターと比べるとインパクトが薄くなってしまうのは当然です。

逆転でチャンピオンになるための最低条件は残り4レースで全て優勝ですから、ステファノ・マンジー(ヤマハ)の底力が見れると良いのですが、今季はブレガが他を圧倒しています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ