人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年9月21日

残り3戦、毎年恒例の後半に強いラズガットリオグル | FIM スーパーバイク世界選手権2023 第10戦 アラゴン(スペイン) プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
ランキング2位のトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)

ランキング2位のトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)

プロダクションバイクレースの世界選手権「FIMスーパーバイク世界選手権(WSBK)」の2023年シーズンも残すところ3戦となりました。第10戦アラゴン(スペイン)、ポルティマオ(ポルトガル)と2週連続のレースを経て、約1ヶ月のインターバルを経てアルゼンチン戦の代替レースとなったヘレス(スペイン)でのイベリア半島決戦となります。今回は第10戦・モーターランドアラゴン=9月22日(金)〜9月24日(日)のレースプレビューをお届けしましょう。

終盤4戦の再開となったマニクール(フランス)ではランキング2位のトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)がレース1とスーパーポールレースで優勝。そして、レース2ではランキング首位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)が優勝と、チャンピオン争い佳境にして争いが一気に激しくなってきました。

74点差に開いていた両者のポイント差は57点差に縮まり、トプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)の大逆転もあり得る展開になってきましたね。ここ最近、この展開はWSBKのお決まりのような感じのパターンになってきて、ラズガットリオグルはなぜか前半戦でそれほど勝てず、中盤戦から勝ちだして、終盤戦にはチャンピオン争いの可能性を秘めるという展開はもはや毎年の恒例行事のようです。

カワサキ時代もヤマハに入ってからも、ラズガットリオグルはずっとこのパターンで、WSBK初優勝も2019年の終盤戦フランスでした(当時はカワサキの第二勢力チーム)。昨年も中盤戦のドニントンパーク(イギリス)から勝ち始め、終盤のフライアウェイ戦となったアルゼンチン、インドネシアでは圧倒的な強さを見せてチャンピオン争いを盛り上げてくれました。

さて、これから始まる3レースはアラゴン(スペイン)、ポルティマオ(ポルトガル)、ヘレス(スペイン)と続きますが、その内の2戦がアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の母国スペインでのレースであることが一つの肝です。バウティスタは母国のレースにめっぽう強く、WSBKキャリアだけでも12回母国レースで優勝しているのです。苦戦したホンダ時代の2年間も母国スペインでのレースだけ表彰台に上がったりと、とにかく強いのです。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ