人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年7月31日

直前のラインナップ変更など、勢力図は日々変わる?それも含めて8耐だ | FIM 世界耐久選手権(EWC) 2023 第3戦 鈴鹿8時間耐久ロードレース プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

逆に今季ベストリザルト3位を獲得しているチャビ・ビエルゲにとっては鈴鹿8耐・初出場で結果を残し、自分自身をアピールするビッグチャンスです。外国人ライダー2人の起用ですと、お互い意識して頑張りすぎてしまう部分もあるかと思いますので、日本人ベテラン2人+外国人というラインナップになったことで、より不安要素が少なくなったとも言えますね。やっぱり盤石です。

「#33 Team HRC with 日本郵便」に対抗するのは簡単なことではありません。しかし、ライバルたちは自分達のベストを尽くすことで、もしかすると、という漁夫の利を狙って闘うことになります。対抗馬として一番に名前を挙げたいのはヤマハワークスと同等のマシンを使用しているとされる「#7 YART YAMAHA」(マーヴィン・フリッツ/ニッコロ・カネパ/カレル・ハニカ)でしょう。

FIM EWCのレギュラーチームとして過去にも鈴鹿8耐で好成績を残してきた「YART YAMAHA」はヤマハ発動機が最高のプライオリティを置く体制になっています。彼らが使う「ヤマハYZF−R1」は表向きにはワークスマシンと謳っていませんが、ライバルチームのライダーいわく「NIPPOコーナー(旧ダンロップコーナー)での動きなんかは全日本のワークスマシンにそっくり」ということですし、タイヤもブリヂストンユーザーですから、ほぼ同じパッケージなのでしょう。テスト走行時にはヤマハワークスの技術陣もピットに多数詰めていました。

「YART YAMAHA」はFIM EWC第2戦・スパ24時間で優勝。ついに24時間レースでもこのパッケージのマシンが優勝を果たしました。スパでの優勝で1点差ながらランキング首位に浮上した「YART YAMAHA」の鈴鹿8耐での目標は最低でも2位表彰台で鈴鹿8耐を終えること。昨年は転倒で残念な結果となりましたが、ワールドチャピオン獲得に向けてはそういうミスを無くしたいところです。2位争いの主役になることは間違いありません。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ