人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月7日

SUPER GT2019 第2戦レビュー

SUPER GT by 秦 直之
  • Line
元号が令和に改められて最初のレースが、SUPER GT第2戦「FUJI GT 500km RACE」としてゴールデンウィーク真っ最中の5月3~4日に開催された。10連休という未だかつてない大型連休だったこともあり、両日ともにスピードウェイは超満員! 2日間の合計は9万人を超えていた。
SUPER GT2019  第2戦レビュー

MOTUL AUTECH GT-Rが2戦連続でポールポジション獲得

3日に行われた予選は好天に恵まれ、さわやかなコンディションの下での走行となった。GT500のQ1トップは、CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの平手晃平。これにKeePer TOM’S LC500の平川遼と、ZENT CERUMO LC500の石浦宏明が続く。しかし、その順がQ2にそのまま引き継がれるわけではないのが、今のGT500のすごさ。ドライバーの力量もさることながら、Q1とQ2の短いインターバルで、より良いマシンバランスを求めて、セッティングを変更する。これがピタリとハマればタイムアップし、逆もまたありということだ。

Q2でレコードタイムをコンマ5秒も縮めて、2戦連続のポールポジションを獲得したのは、MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリ!パートナーの松田次生との比較では、実に1秒以上も詰めてきた。「朝の公式練習では良かったバランスが、いざQ1では路面が良くなったり、温度が上がったりしたことでフィーリングが悪くなったので、エンジニアと話し合ってロニー選手が走る前にセットを変えてみたんですが、それがしっかり機能して、すごいタイムが出ました。『さすがだな』と思いましたよ」と松田。 これに対して、クインタレッリは「次生が27秒台を出してきたけど、それまで僕は29秒台しか出せていなくて。1コーナーなんかどこまで奥まで行けるか分からなかったけど、次生のコメントと走りを信じて。行けた時に『良し!』って(笑)」と。チームワークの賜物だ。

その一方で、CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは、セット変更が裏目に出てしまったのは間違いなかろう。フレデリック・マコヴィッキィは8番手に沈み、ZENT CERUMO LC500も同様で、立川祐路をもってしても7番手に。こんな難しさをGT500は秘めていることを理解していただけることだろう。なお、2番手はニック・キャシディがアタックした、KeePer TOM’S LC500が、そして3番手は佐々木大樹がアタックした、カルソニックIMPUL GT-Rが獲得した。 GT300では、平峰一貴/サッシャ・フェネストラズ組のリアライズ日産自動車大学校GT-Rがポールポジションを獲得。KONDO RACINGがGT300にも挑むこととなり、わずか2戦で叩き出した好結果に「ふたりとも速いんで、言うことないですね。このまま決勝も頑張って欲しいね」と近藤真彦監督も大喜び。そして、「公式練習からクルマの仕上がりは良く、前回から見直したセットがピタリとはまったようです。サッシャが僕をQ2に送り込んでくれたから、得られた結果です」と平峰は語った。

2番手は松井孝允/佐藤公哉組のHOPPY 86 MCが、そして3番手は坂口夏月/平木湧也/玉中哲二組のADVICSマッハ車検MC86マッハ号が獲得し、今や富士でも速いマザーシャシーをアピール。4番手が平中克幸/安田裕信組のGAINER TANAX GT-Rだった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧