人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年4月17日

SUPER GT2019 第1戦レビュー

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

今年もSUPER GTは、岡山国際サーキットから幕を開けた。予選までは天候に恵まれたものの、決勝では一転。まさに悪天候のため、大荒れの展開に……。アクシデントが相次ぎ、セーフティーカー(SC)ランと赤旗の頻発で、ついには途中終了となってしまう。

絶えずエキサイティングな展開が、SUPER GTの特徴でもあっただけに、このような幕切れは少々どころか、かなり予想外ではあった。その中で生き残り、かつ結果を残せたのは、それがすなわち強いチームの証明なのかもしれない。

SUPER GT 第1戦レビュー

ニッサン勢復活! MOTUL AUTECH GT-RがPP獲得

予選の行われた土曜日は4月半ばとしては低めの温度ではあったものの、しっかりとドライコンディションが保たれた。GT500のQ1でトップだったのは、公式テストで絶好調、岡山と富士で最速だった佐々木大樹とジェームス・ロシターの駆るカルソニックIMPUL GT-R。ロシターが1分17秒103をマークし、MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生が1分17秒165と、僅差で続く。

しかし、続くQ2ではMOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリが、1分16秒602とレコード更新なるタイムを出してトップに浮上。カルソニックIMPUL GT-Rの佐々木は1分16秒876で、あと一歩及ばず。MOTUL AUTECH GT-Rのポールポジションが決定した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧