人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年5月11日

【スーパーフォーミュラ第2戦・オートポリスプレビュー】~ドライバー変更のチームあり。勢力図は変わるか?~

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

「全日本スーパーフォーミュラ選手権」の第2戦が九州・オートポリスに舞台を移し、5月12日(土)~13日(日)に開催。J SPORTSでは「スーパーフォーミュラ」を予選、決勝ともに生中継。J SPORTSオンデマンドでもLive配信されます。場内実況と同じ現地からの放送をお届けします。

開幕戦・鈴鹿はポールポジションからスタートした山本尚貴(TEAM 無限/ホンダ)が見事優勝。改めて鈴鹿での速さを見せつけ、山本にとっては2年ぶりとなるポールトゥウインを達成。まずは2018年の初陣をホンダが制することになりました。ただ、レース終盤には関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/トヨタ)に1.4秒差にまで詰め寄られ、山本は気温も路面温度も上昇した夏日の鈴鹿で必死に逃げ切ったという印象です。

今季から全戦、横浜ゴムの「ソフト」「ミディアム」の2スペックタイヤ制となった「スーパーフォーミュラ」。1発の速さでホンダエンジンユーザーが速さを見せましたが、トヨタとホンダの勢力図は決勝ではほぼ互角。今季もスリリングなレースが楽しめそうです。

レース終盤の関口の走りには目を見張るものがありました。ヘアピンでチームメイトの平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/トヨタ)に追突されながらの2位。10秒あった差を一気に詰めてくる驚異的な走りとタイヤマネージメント能力はやはり「スーパーフォーミュラ」のドライバーラインナップの中では最大の存在と言えるでしょう。星野一義監督の激怒シーンが目に浮かぶチームメイト同士の接触でしたが、関口はしっかりと2位を獲得したことで、チャンピオン争いという意味では今後大きなパンチになりそうです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ