人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2024年5月21日

積み上げてきた“レンガ”の先にある楽しさ。ファジアーノ岡山・梁圭史監督が感じる「プレミアリーグを戦うこと」の意義 高円宮杯プレミアリーグWEST ファジアーノ岡山U-18×鹿児島城西高校マッチレビュー

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

初めてのプレミアリーグを戦うファジアーノ岡山U-18

「楽しいですけど、大変ですね。一瞬でやられるので。でも、大変な方が楽しいじゃないですか。このギリギリの勝負が一番楽しいわけで、もちろん勝てば楽しいですし、ギリギリで負けるのは悔しいですけど、それが日常にあるのが一番いいことなのかなって」

クラブ史上初めての参戦となるプレミアリーグの印象を問われ、ファジアーノ岡山U-18を率いる梁圭史監督はそう口にする。常に繰り広げられるギリギリの勝負の世界に、もう彼らはどっぷりと身を投じてしまったのだ。

翌日にJ2の開催を控えたシティライトスタジアムのすぐ横。岡山県総合グラウンド補助陸上競技場に『プレミアリーグ』と書かれたのぼりが立ち並ぶ。連敗、連勝、また連敗。6試合を終えて2勝4敗という成績で迎えたプレミアリーグWEST第7節は、同じく初昇格の鹿児島城西高校とホームで対峙する一戦だ。

J SPORTS 放送情報

このリーグを戦うことの楽しさは、選手たちも理解し始めている。チームの10番を任されている磯本蒼羽は「プレミア、メッチャ楽しいです。自分たちも含めて、どちらかが偏って強いということがないリーグで、ほぼ五分五分の試合が多いので、『結果を出したい』と思いながら、楽しんでいます」と話す。

ここまで3ゴールと好調をキープしていた2年生の末宗寛士郎は「プレミアは上手い人ばかりですし、その中で自分の特徴でもあるシュートという部分は今のところ通用しているので、続けてやっていきたいですけど、守備の部分で強度がまだまだ足りないと思っています」と言及。自身の中に手応えと課題を抱えている様子が窺える。

3連敗は避けたいゲームがキックオフされると、ボールは岡山U-18が握る。川上航生と繁定蒼のセンターバックコンビに、キャプテンを託されている中盤の藤田成充も加わって、丁寧にパスを動かしながら、テンポアップするタイミングを探っていく。

試合が動いたのは39分。磯本が左サイドから右足でニアへ入れたクロスに、末宗が頭から飛び込んでゴールネットを揺らす。「良いところで仕掛けて、良いボールを蹴れたのかなと思います」(磯本)「蒼羽くんが持った時に、ちょっと溜めて入ることを意識していて、ボールが良かったので決めるだけでした」(末宗)。前半は1点をリードして、ハーフタイムへ折り返す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ