人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年4月7日

シーズン初勝利の鍵を握るのは“トップ下”と“守備の軸” 昌平高校×柏レイソルU-18 マッチプレビュー【高円宮杯プレミアリーグEAST第2節】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

昌平のキャプテンを務める石川穂高

開幕戦はともに勝利を収められなかっただけに、シーズン初白星を真剣に狙う昌平高校と柏レイソルU-18が対峙する一戦は、プレミアリーグでは初めて昌平高校グラウンドがその舞台となる。

今シーズンが初昇格となる昌平は、プレミアデビューとなったFC東京U-18戦を1-1と引き分け、勝ち点1をアウェイから持ち帰った。4分に土谷飛雅のフィードから、裏抜けに定評のあるストライカーの小田晄平が、幸先よく先制弾を奪う。だが、14分に失点を喫して追い付かれると、以降はペナルティエリア付近まで迫るものの、なかなかシビアなゾーンには侵入しきれない。後半には相手の決定的なシュートがポストを叩く幸運もあってドロー決着となったが、やや消化不良感の残るゲームだったのではないだろうか。

一方の柏レイソルU-18は、ホームで青森山田高校に0-5という大敗を喫することになった。前半のうちにセットプレーから2点を失い、ボールを最終ラインで動かしながら、両サイドのアタッカーを高い位置へ押し出したい意図は窺えるも、なかなか前でポイントを作るまでには至らず、試合を通じてのシュート数はゼロ。後半にも3失点を重ね、悔しい黒星スタートとなった。

スタイルは異なるものの、攻撃的なサッカーを貫きたい両チームの対戦。まずはお互いの“トップ下”を務めるアタッカーに着目したい。昌平の10番を託されているのは長準喜。昨シーズンはボランチやサイドハーフを務めることもあったが、今シーズンは希望していたトップ下のポジションに収まり、チームのアタックにアクセントをもたらしている。

自身も認めるストロングポイントは「ドリブルからのチャンスメイク」。高い技術とアジリティで相手陣内をギュンギュン切り裂いていくドリブルは、プレミアでも屈指のレベル。参考にしている選手に大島僚太とチアゴ・アルカンタラを挙げるあたりに、そのプレースタイルへのこだわりが滲む。今季の目標を問われると、「前めの選手である以上、アシストすることもそうですけど、得点王になるのが目標です」と力強い宣言も。ゴール前で躍動する緑の10番から目が離せない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ