人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年8月4日

J1独走の横浜を止めるのは、やはり川崎 8月7日の天王山で川崎はベスト布陣で戦えるか?

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

7月最後の週末、7月30日に行われたJ1リーグ第23節。2位に付けていた鹿島アントラーズに2対0のスコアで完勝した首位の横浜F・マリノス。鹿島との勝点差は8ポイントにまで開き、横浜は独走態勢を築き上げて3年ぶりの優勝に大きく近づいた。

しかし、次週、8月7日の第24節には本当の“天王山”が待っている。前年王者、川崎フロンターレとの一戦である。

川崎は、第23節では浦和レッズに完敗して5位に後退。首位横浜との勝点差は11ポイントにまで開いてしまった。

だが、実は川崎は新型コロナウイルス感染症の影響で延期となった試合があったため、消化試合数が横浜より2試合少ないのだ。あるいは「残り試合が2試合多い」と表現してもいい。もし、その横浜より多い2試合で連勝したとして計算すれば、横浜と川崎の実質的勝点差は5ポイント差ということになる。

もし、8月7日の試合でホームの川崎が勝利することができれば、実質の勝点差は一気に2ポイント差にまで縮まる。

逆に、横浜がこの天王山に勝利したとすれば、川崎との差は大きく開いて、横浜のタイトル獲得が現実味を帯びてくることになる。

横浜と川崎の間には、2位の鹿島のほか、3位の柏レイソルと4位のセレッソ大阪がいるが、やはりチーム力を総合的に考えれば、今の「強い横浜」をストップできるのは川崎以外に考えられないような気がするのだ。

それにしても、第23節の鹿島戦は横浜というチームの強さが光ったゲームだった。

横浜にとって、鹿島戦は簡単なゲームではなかった。

というのも、横浜からはEAFF E−1選手権に出場した日本代表(国内組だけの代表)に7人もの選手が招集されていたからだ。同選手権初戦の香港戦と最終の韓国戦で、森保一監督は横浜主体のメンバーで戦った(2戦目の中国戦はサンフレッチェ広島中心の構成)。

そして、横浜勢の活躍が日本代表にE−1選手権優勝をもたらした。

完勝した韓国戦の1点目(49分)は右サイドで横浜勢が作ったチャンスから、藤田譲瑠チマが上げたボールを逆サイドから詰めていた相馬勇紀(名古屋グランパス)が決めたものだったし、ダメ押しの3点目(72分)も右サイドで横浜のコンビネーションを使ってチャンスを作り、小池龍太が相手ペナルティーエリアの深い位置まで飛び込んで折り返したボールを湘南ベルマーレの町野修斗が決めたものだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ