人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月22日

クロップのもとで研鑽を積むか、より多くの実戦を望むか

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
FAカップ優勝にも大きく貢献した南野

FAカップ優勝にも大きく貢献した南野

【1位】モハメド・サラー
31得点・15アシスト/46回

【2位】ディオゴ・ジョタ
21得点・6アシスト/27回

【3位】サディオ・マネ
23得点・2アシスト/25回

【4位】トレント=アレクサンダー・アーノルド
2得点・18アシスト/20回

【5位】アンディ・ロバートソン
3得点・15アシスト/18回

【6位】ロベルト・フィルミーノ
11得点・5アシスト/16回

【7位】南野 拓実
10得点・1アシスト/11回

【8位】ルイス・ディアス
6得点・4アシスト/10回

公式戦63試合のデータである。2021ー22シーズンのリヴァプールにおける攻撃の貢献度を表すもの、といって差し支えない。

さすがのサラーは全ゴール144の約32%を占めており、A・アーノルドとロバートソンの両サイドバックも、相変わらずアシスト数が高い。また、ディアスはわずか5か月で10回も得点に直接関与していた。新シーズンは倍増、いや、3倍増も十分に考えられる。

さて、南野だ。

出場機会がカップ戦にほぼ限定されながら、7位は見事というしかない。

「序列が低い」とか「成長していない」とか、いろいろ批判も聞こえてくるとはいえ、前線の選手層が厚いリヴァプールで10得点・1アシスは、胸を張っていい。

「タキ(南野の愛称)はシャドーか8番が適性」

ユルゲン・クロップ監督は、ライン間のポジショニングとプレーの連続性が南野の強みであることをよく理解している。

しかし、新シーズンの序列が急激に上がるわけではない。マネがバイエルン・ミュンヘンへの移籍が決定的になったものの、代わってベンフィカからダルウィン・ヌニェスがやって来た。出来高を含めて8800万ポンド(約140億円)もの巨額を投じたため、実力を試す意味でもある程度のチャンスが与えられるに違いない。

したがって、南野の序列は相変わらず五~六番手だ。マネだけではなく、ディボク・オリギも退団。前線の選手層は少しだけ薄くなったが、定位置獲得は至難の業だ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ