人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月8日

ユナイテッドの無駄、無駄、無駄!ドルトムントを見習え

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ジェイドン・サンチョ

ジェイドン・サンチョ

ポール・ポグバ、ファン・マヌエル・マタ、エディンソン・カバーニ、ジェシー・リンガード、ネマニャ・マティッチ、そしてリー・グラントがマンチェスター・ユナイテッドから去っていった。マティッチを除く5人は契約満了に伴う退団で、移籍金は1ポンドたりとも発生しない。

契約期間が2年残っているエリック・バイリーも退団濃厚で、負傷が多いこのセンターバックに、莫大な移籍金を支払うクラブが現れるとは思えない。

来年6月はルーク・ショー、ダビド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、フレッジ、さらにクリスチャーノ・ロナウドの契約が切れる。いやはや、どうなることやら……。

しかし、ポグバをはじめとする6選手の退団で人件費費が節約される。おっ、プラス面もあるわけね。では、ここで6選手の週給をチェックしてみよう。

◆ポグバ
29万ポンド(約4700万円)
◆カバーニ
25万ポンド(約4000万円)
◆マタ
18万ポンド(約2880万円)
◆マティッチ
18万ポンド(約2880万円)
◆リンガード
10万ポンド(約1600万円)
◆グラント
3万ポンド(約480万円)

合わせて約1億6540万円。年間に換算すると90億円近く削減できる。この巨額はジムやプールの改修、栄養面の改善など、トレーニングセンターに役立てなくてはならない。グレイザー・ファミリーのボーナスに充てるなどもってのほかだ。

とにかく、移籍市場の立ちまわり方を根本的に見つめ直さなければならない。もし許されるのなら、ドルトムントにご教示いただけないだろうか。

マンチェスター・シティから1850万ポンド(約29億6000万円)で買い取ったジェイドン・サンチョを、7650万ポンド(約122億4000万円)でユナイテッドに売った。利益(差額)はおよそ93億円。ビジネスがうまい。

さらに、ピエール=エメリク・オーバメヤン(→アーセナル/現バルセロナ)は4600万ポンド(約73億6000万円)、イルカイ・ギュンドアン(→マンチェスター・シティ)は1900万ポンド(約30億4000万円)、ヘンリク・ムヒタリアン(→ユナイテッド/現ASローマ)は1300万ポンド(約20億8000万円)の利益を生んでいる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ