人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月27日

ユナイテッドは一度“真っ裸”になり、すべて着替えた方がいい

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
マーカス・ラシュフォード

マーカス・ラシュフォードは適応できるのか

【1】ライン間でのプレー
【2】中間ポジション
【3】スペースメイク
【4】不用意なボールロストは厳禁
【5】前に急がずチャンスを待て
【6】サイドチェンジは頻繁に
【7】後方からの抜け出し

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ新監督は、上記の7項目を新シーズンの基本戦略に設定する。アヤックスを率いていた5年間で磨きをかけた、得意のパターンである。

マーカス・ラシュフォードは適応できるだろうか。ボールコントロールが雑で、前に急ぎ、中間ポジションやライン間でプレーする工夫を見た記憶がほとんどない。

スコット・マクトミネイも不用意なボールロストが多い。ディオゴ・ダロトとフレッジ、エリック・バイリー、フィル・ジョーンズもボール扱いはアバウトだ。アーロン・ワンビサカは後方から抜け出す意識に欠ける。

また、アントニー・マルシャルはピッチ上でウォーキングを繰り返し、ヴィクトル・リンデレフは遅すぎる。ハリー・マグワイアはもっと遅い。

さらに、テン・ハグは後方からの丁寧なビルドアップを好むため、フィードの精度が低いダビド・デヘアより、ディーン・ヘンダーソンの方が適任だ。

そしてネマニャ・マティッチは今シーズン限りで退団し、ポール・ポグバはサポーターに別れも告げず去っていく。

ユナイテッド完全刷新!

この際、一度 “真っ裸” になり、すべて着替えた方がいい。リヴァプールのような強豪にだけではなく、ブライトンやワトフォードにも大量失点して負けるようなクラブであることを、ユナイテッドに関わるすべての者が肝に据えるべきだ。

当然、一朝一夕にして玉座に帰還できるはずがなく、しばらくの間は野でさまよう。エリート階級から滑り落ち、もはや平民だ。今夏の補強もままならず、サポーターが歓喜するようなビッグネームは絶対にやって来ない。

個人的には、ブライトンのマルク・ククレジャを獲れないものか、と考えていた。野心にあふれ、闘争本能豊かで、クラブのために全身全霊を注ぐDFは、喉から手が出るほど欲しい人材だ。しかし彼は、マンチェスター・シティと交渉している。これが現実。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ