人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月20日

高校年代屈指のプレーメーカー。前橋育英・徳永涼が見据える“14番”のその先 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

徳永涼

前橋育英にとって、14番という背番号は特別だ。世界を相手に戦い続けた松田直樹を筆頭に、小島秀仁、鈴木徳真、田部井涼、秋山裕紀、櫻井辰徳といった、その世代を代表する選手が背負ってきた伝統のエースナンバーであり、本人が望んでも望まなくても、周囲の注目を集めてしまうことは避けられない。その14番を2年生だった昨年から託されている男の、今シーズンに懸ける想いが小さいはずがない。

「14番を2年生で付けさせてもらったのは大きなことでしたけど、そこには必ず責任も生まれますし、その責任に打ち勝とうとプレーしてきたことが、自分を成長させてくれたのかなと。プレミアに上げてくれた去年の3年生に感謝したいですし、結果で恩返ししたいということはみんなで言っているので、しっかりプレミアで優勝できるように努力していきます」。

上州のタイガー軍団を牽引する、高校年代屈指のプレーメーカー。徳永涼は自分が14番を背負うことの意味を噛み締めつつ、このチームで成し遂げることの先にある、さらなる到達点もはっきりと見据えている。

J SPORTS オンデマンド番組情報

とにかくボールが集まってくる。高体連有数のタレントが居並ぶ前橋育英の中でも、気付けばこの男を中心に攻撃は組み立てられていく。とにかくボールを失わない。プレッシャーを掛けられたとしても、クルリと鮮やかに回転しながらキープしたかと思えば、長短のパスを急所へグサリと突き刺していく。相手からすれば、実に厄介極まりない。

その才能が一際輝いたのは、プレミアEAST第6節の青森山田高校戦。有観客で行われた試合で、好カードを一目見ようとスタンドに詰め掛けた観衆からも、華麗に実効的なプレーを繰り返す徳永の一挙手一投足に、どよめきが起こる。

「セカンドボールをただ前に蹴るのではなく、自分がボールを落ち着かせて育英のペースに持っていくところで差を付けようと考えていたので、そこは上手くできたんじゃないかなと思います。相手のプレッシャーを先手とされるのではなくて、自分たちがボールを回すことがあくまでも先手で、それに遅れて山田が付いてくるという感じだったので、凄くやっていて楽しかったですし、手応えもありました」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ