人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月6日

高体連最強を巡る名門対決!前橋育英高校×青森山田高校マッチプレビュー【高円宮杯プレミアリーグEAST第6節】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

徳永涼

初めてのプレミアリーグに挑んでいる“上州のタイガー軍団”、前橋育英高校が好調だ。開幕戦の柏レイソルU-18戦が延期になり、実質の開幕戦となった市立船橋高校戦に5-1で快勝を収めると、第3節のFC東京U-18戦こそ撃ち合いの末に3-4で敗れたものの、続く大宮アルディージャU18戦とJFAアカデミー福島U-18戦に連勝。4試合を終えて3勝1敗と上々のスタートダッシュを切った。

そもそも初昇格とはいえ、前橋育英が常に高校年代トップクラスの実力を有してきたことは周知の通り。高校選手権でも2014年度は全国準優勝を経験し、2017年度はやはり決勝まで勝ち上がると、悲願の日本一を達成している。だが、不思議とプレミアとは縁がなく、5度目の挑戦となった昨年末のプレーオフでようやく昇格を勝ち獲り、国内最高峰のリーグへ辿り着いた。

昨シーズンも笠柳翼(V・ファーレン長崎)、岡本一真(ザスパクサツ群馬)と2人のJリーガーを筆頭にタレントが揃っていたが、今年のチームも国内有数の好素材を擁している。まず、前橋育英伝統のエースナンバー、14番を昨年から背負うのはボランチの徳永涼。既にJクラブの練習にも参加しており、その能力は折り紙付き。中盤でゲームをコントロールしつつ、機を見て繰り出す鋭いパスでチャンスも演出。初のプレミアの舞台にも「このレベルだったら自分が上回っていかないといけない」と強気な姿勢も頼もしい。

J SPORTS 放送情報

前線を牽引する2トップも強力だ。小池直矢はここまでチームトップの5ゴールを記録。本来は左サイドハーフが主戦場ながら、昨シーズンは右サイドハーフでプレーの幅を広げ、今年はここまで前線で躍動。FC東京U-18戦、大宮U18戦では2試合続けて2得点をマークするなど、持ち前のドリブル突破に加えて、得点感覚も開花し始めている。そのパートナーの高足善も4戦3発と好調をキープ。抜群のアジリティとゴールセンスを併せ持ち、158センチの小柄な身体でピッチをエネルギッシュに走り回る。この2人を完璧に抑え込むのは、プレミアレベルのディフェンス陣でも簡単なタスクではない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ