人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月5日

前人未到のクアドルプルに向けリヴァプールに死角なし!

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
フィルジル・ファン・ダイク

フィルジル・ファン・ダイク

チャンピオンズリーグって怖いな、とつくづく思う。なにしろ、あのリヴァプールが、準決勝第一戦で奪った2点のリードを41分で吐き出してしまった。

3分、ビジャレアルのブライエ・ディアに先行を許した。41分にはフランシス・コクランにヘディングを決められた。今シーズン、プレミアリーグの34試合で22点(1試合平均0・65)しか奪われていない堅陣がぐらついている。

0-2になったとき、フィルジル・ファン・ダイクは「もっと強く当たれ!」とも言わんばかりの仕草でチームを鼓舞したが、闘う意識がほんの少しだけ欠けていたのかもしれない。

しかし、横綱相撲とでもいうべきか、後半からがリヴァプールの見せ場。ユルゲン・クロップ監督と選手たちはさすがの修正力を見せつけた。

ディオゴ・ジョタに代えてルイス・ディアスを投入。彼の仕掛けは奏功し、マーカーのファン・フォイスを圧倒した。

トレント・アレクサンダー=アーノルドとアンドリュー・ロバートソンの両サイドバックは、前半に比べるとピッチの内側でプレー。中盤で数的優位を創る。

こうしたプラン変更で息を吹き返したリヴァプールは、ほぼほぼビジャレアル陣内でパフォーマンスを続けた。

62分、何度も何度もセカンドボールを回収し、ファビーニョがボックス内から豪快に突き刺す。5分後にはアレクサンダー=アーノルドが左足でピンポイントクロス。L・ディアスがバックステップを踏みながらヘディングを決めた。

さらに74分、サディオ・マネがビジャレアルのハイライン裏に進入。飛び出してきたGKヘロニモ・ルジ、レッドカード覚悟の危険なタックルを試みたフォイスもあっさりかわし、ビジャレアルの息の根を完全に止めた。

わずか12分の鮮やかすぎる逆転劇だ。試合開始から飛ばしたビジャレアルの足色が極端に鈍ったとはいえ、2点のアドバンテージを41分で失っても焦らず騒がず、難なく対応してしまうのだから、リヴァプールの修正力と完成度には驚くしかない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ