人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月5日

“ジャンケンから1年後”の躍動。中山竜之介と小林康人が携える逞しさと遊び心 【高円宮杯プレミアリーグEAST 市立船橋高校×青森山田高校】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

中山竜之介

揃ってベンチメンバーには選ばれながら、ラインの内側へと入ることのできなかった昨シーズンのプレミア開幕戦。それから1年が経ち、改めてその舞台に立った2人の3年生のパフォーマンスが、リスタートを切った常勝軍団へ白星をもたらしたことに、疑いの余地はない。

「チームとしてはとにかく勝ち点3を持ち帰ることを目標にしていたので、そこに関しては本当に良かったなと思っています」(中山竜之介)「自分のゴールでチームを勝たせるということは本当に嬉しいことですし、今日は守備もゼロに抑えることができたので、勝てて良かったです」(小林康人)。
中山竜之介と小林康人。『三冠を獲った次の代』という難しいチームの宿命を背負った2022年の青森山田高校は、彼らの躍動とともに勝利という形で幕を開けた。

気概は試合前のウォーミングアップから、はっきりと感じられた。本来のキャプテンを務める多久島良紀が負傷離脱中。プレシーズンからキャプテンマークを託されている中山は、大声でブラジル体操を先導していく。
「声は上手いとか下手とか関係なく誰でも出せますし、特に自分が今はチームのキャプテンとしてやっているので、そこで『人一倍やる』というのは自分の中の人生的なテーマでもありますし、『一番自分が努力する』というのは日頃から変わらないです。最後の1年なので、気持ちはより入っていますね」。

J SPORTS 放送情報

昨年の終盤は右サイドバックとして高校選手権の日本一獲得に貢献したものの、もともとはボランチ。今シーズンは“本職”に戻る格好となったが、何しろそのポジションの前任は松木玖生と宇野禅斗だ。比較されるのも酷だろう。ただ、中山はもちろんそのことも認識しながら、しっかりと足元を見つめている。
「あの2人を一番近くで見られていたというのは凄く自分にとって大きかったですし、そのレベルに行けば全国優勝も見えてくるという分かりやすい基準があるので、そこにより近付けるようにと思えることは、去年の1年が大きかったですけど、先を見るのではなくて、目の前の1試合1試合を全力でやりたいです」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ