人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月5日

こじ開けた歴史の扉。川崎フロンターレU-18が挑んだプレミアデビュー戦 【高円宮杯プレミアリーグEAST 大宮アルディージャU18×川崎フロンターレU-18】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

温厚な指揮官が煽ったのをきっかけに、選手とスタッフが次々に最高の笑顔を浮かべながら、ハイタッチを交わしていく。新たな船出を勝利で飾ったのだ。その喜びは十分過ぎるほど理解できる。

「フロンターレは昔から、『トップで活躍できる選手を育てよう』ということで、ジュニアからユースまでスタッフで協力しながらやってきたんですけれども、やはりユースが一番上のレベルでやらないと、現状が分からないということで、『選手を育てながらその舞台まで行こう』という目標で常にやってきました。その結果、去年の選手たちが頑張って、この場所へ連れてきてくれたんですけど、プレミアで戦うことで、ここからどういうふうにフロンターレのサッカーが通用していくのかも分かりますし、逆に改善点も見えると思うので、ここから新しいフロンターレアカデミーの歴史がスタートするという想いですね」。

長橋康弘監督の言葉が、彼らの今を過不足なく表わしている。まさに新しい歴史のスタート。短くない時間を地道に積み重ねてきた川崎フロンターレU-18が、とうとうプレミアリーグという世代最高峰のステージに解き放たれた。

「凄く楽しかったです。思っていたより緊張もあまりしなかったですし、『楽しくできたなあ』という感じでした」とキャプテンマークを巻いた大関友翔が話せば、決勝ゴールを挙げた川口達也も「自分は楽しめましたね。ボールを持てる回数も多かったですし、やっぱり点を獲れて、チームに勝ちを持ってこれたことが良かったなと思います」と同じような感想を口にする。楽しみにしていたプレミアの舞台。とにかくこの日が来るのが待ち遠しかった。

J SPORTS 放送情報

「プレミアの最初の試合というところで、チーム全体としてどれぐらい通用するのかが凄く楽しみだったんですけど、自分たちのサッカーが結構できたなという手応えはありますし、個人としても自分のプレーは見せられたかなと感じています」と語る大関、大瀧螢、由井航太で構成された中盤のトライアングルは、トップチームのそれと同じような機能性を保ち、止めて、蹴って、運んで、ボールを動かしていく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ