人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年2月4日

キュンとするような創造力でポグバがエネルギーをチャージする

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ポール・ポグバ

ポール・ポグバ

ようやく、あの男がピッチに帰ってくる。

現地時間2月4日・20時、ミドルズブラ(チャンピオンシップ=実質2部)とのFAカップ4回戦に、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバが先発起用される公算が大きくなってきた。

「ポールは準備ができている。なにも問題はない」

ラルフ・ラングニック監督も認めた。

フランス代表の練習中に鼠径部を痛め、ポグバは昨年11月2日のアタランタ戦(チャンピオンズリーグ)以来、試合から遠ざかっている。その間、ユナイテッドは監督がオーレ・グンナー・スールシャールからラングニックに代わり、ドニー・ファン・デ・ベークはエヴァートンに、アントニー・マルシャルはセビージャに去った。

チームの雰囲気は芳しくなく、憂うつなパフォーマンスが続いている。とくに中盤のクオリティ不足は深刻で、ブルーノ・フェルナンデスが封じられたり、精彩を欠いたりすると、攻撃のリズムは停滞する一方だ。

やはりポグバが必要だ。生来のむらっけは解消されず、今シーズン限りの退団を示唆したかと思えば、契約延長をほのめかす。当然、サポーターのウケは悪く、彼らの真意は「もはや信用ならん」だろう。

ただし、ポグバの才能はだれもが認めるところであり、キュンとするような創造力でユナイテッドにエネルギーをチャージする。

スコット・マクトミネイほど運動量はなく、闘争本能でフレッジに劣るとはいえ、そのハンデを補って余りあるほど天賦の才能に恵まれている。したがってラングニック監督が、ハードワークを好まないポグバをどのようしてプランに組み込むのか。今シーズンの行方を左右するキーポイントといって差し支えない

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ