人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年12月17日

新型コロナウィルスとの不快な戦いはいつまで続くのか

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
無観客試合

無観客のスタジアムで試合をする選手たち

降雪や新型コロナウィルスの感染拡大により、トッテナムはブライトン戦とバーンリー戦、さらにレスター戦までもが延期になった。

「新型コロナウィルスに罹患すると10日間の隔離を余儀なくされるが、その期間を終えても完治したというわけではない。肉体が消耗しているため、大ケガを招くリスクが高くなる」

アントニオ・コンテ監督もこぼしていた。

「2~3回スプリントを繰り返した後は、呼吸がつらくなる」

新型コロナウィルスに感染したケヴィン・デブライネ(マンチェスター・シティ)も、100%にはほど遠いみずからの体調に苛立ちを隠さなかった。

また、レアル・マドリーは昨年3月の感染拡大後、マリアーノ・ディアス、トニ・クロース、エデル・ミリトン、カゼミーロ、エデン・アザール、ルカ・ヨビッチ、ナチョ、フェデリコ・バルベルデ、ヘスス・バジェホ、カリム・ベンゼマ、ルーカス・アラバ、アンドリー・ルニン、マルセロ、ルカ・モドリッチと、実に14選手が陽性反応を示したことを明らかにしている。

さらに、リヴァプールは昨今の感染再拡大でフィルジル・ファン・ダイク、ファビーニョ、カーティス・ジョーンズが、チェルシーではロメウ・ルカク、ティモ・ヴェルナー、カラム・ハドソン=オドイ、ベン・チルウェルが罹患。個人名こそ公表していないものの、マンチェスター・ユナイテッドも多くの選手、スタッフの陽性が確認され、ブレントフォード戦とブライトン戦が延期になった。

由々しき事態である。変異株オミクロンは感染力が高く、多くの医学関係者が感染再拡大の警鐘を鳴らしてきたが、ヨーロッパ・サッカー界の平時は長く続かなかった。周到に準備する各クラブの苦労をよそに、感染者は増える一方だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ