人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月10日

衝撃的な事実を突きつけられたグレイザーが重い腰を上げる!?

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ジョエル・グレイザーと話すスールシャール監督

ジョエル・グレイザーと話すスールシャール監督

ワトフォードのシスコ・ムニョス、ニューカッスルのスティーヴ・ブルース、トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント、ノリッジのダニエル・ファルケ、アストン・ヴィラのディーン・スミス……。今シーズンのプレミアリーグは、早くも5人の監督が解雇されている。

シスコは政治の犠牲者だ。オーナーのジーノ・ポッツォは堪え性がなく、監督を代えさえすれば結果は伴うと信じる厄介者だからだ。ニューカッスルは『パブリック・インヴェストメンド・ファンド』の買収によって大転換期を迎え、トッテナムはもとよりサントを欲していなかった。

ノリッジはヌーノ・ブエンディア退団のダメージが大きく、このアルゼンチン代表を獲得したヴィラは、ジャック・グリーリッシュがマンチェスター・シティに移籍したため、攻撃のビジョンが著しく損なわれている。因縁めいた巡り合せだ。

現時点で立場が約束されている監督は、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ、リヴァプールのユルゲン・クロップ、チェルシーのトマス・トゥヘル、ウェストハムのデイヴィッド・モイーズ、アーセナルのミケル・アルテタ、ブレントフォードのトーマス・フランク、以上6名だろう。

そうそう、トッテナムの新監督に就任したばかりのアントニオ・コンテも、しばらくの間は安泰だ。

しかし、そのほかのクラブの監督は、いつ切られても不思議ではない。前述したポッツォほどではないにしても、プレミアリーグのオーナーたちは短絡的だ。直近5試合が2分3敗と振るわないエヴァートンのラファエル・ベニテス、闘い方がマンネリ化しているバーンリーのショーン・ダイシ、そして一昨シーズンと昨シーズンに連敗グセを露呈したサウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットルなどは、綱渡りの状態だ。

さて、プレミアリーグには綱渡りの名手がひとりいる。なにを隠そう、いやいや、隠す必要などどこにもない。皆さまご存知、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督だ。「負ければ解任」といわれるたびに勝利を収め、しぶとく生き残ってきた。しかもオーナーのジョエル・グレイザーに、なぜか気に入られている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ