人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月9日

ダービーをめぐる複雑な気持ち

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
セビージャダービー

セビージャダービー

昨日(7日)セビージャダービーに行ってきた。現地取材はコロナ禍の前以来、約2年ぶりだ。ベティスの本拠地では一昨年3月、緊急事態宣言が出る直前にレアル・マドリー戦を取材した。あの時はその後こんなことになるなんて想像もしてなかった。

まずは、かつての熱狂が戻ってきたことがうれしい。

6万人ちょっと収容のスタジアムはいつものダービーなら満員御礼だが、昨夜は9割の入り。上空を警察のヘリが飛び、騎馬警官がこちらを見下ろす。試合開始の2時間前には警察がバリケードを張り、両チームのスタジアム入りを警備する。

パトカーに先導されてセビージャのバスが入って来ると、一斉に耳をつんざくばかりの怒声が上がる。その言葉の汚さといったら、日本語に訳したらもう金輪際、原稿依頼が来ないというレベル。街では殴り合いの喧嘩の場に出くわさない限りは耳にしない類の罵り言葉を、子供までが発している。日常であれば親は決して許さないだろうが、今夜は特別。憎きセビージャに対してならば大目にみられる。そんな非日常の空間がダービーである。

遅れて入って来るベティスのバスは発煙筒と爆竹、拍手とコールで迎えられる。火薬の使用はもちろん禁止だが、そんなことを取り締まっていたら逆にファンの反発を買って暴動に発展しかねない。足下には割れた1リットルのビール瓶、ウイスキーの瓶、コーラ、プラスティックのコップがごろごろ転がっていて、よく見て歩かないとケガをする。道での酒盛りはもちろん禁止だが、最悪の事態を避けるため暴力以外は見て見ぬふりをされる。

この飴と鞭の使い分け具合がいかにもスペインだ。

スタジアムの周辺でも中のスタンドでもセビージャの赤いシャツやマフラーは皆無で、ベティスの緑一色。スペインのクラシコを含むダービーではアウェイチームのグッズを身に着けてはいけない。普通は罵倒され、最悪、殴られても文句は言えない。

セビージャファンはスタンドの最上段に隔離され、身分証明とボディーチェックを済ませ、スタジアム入りも出も警察の護送付きで単独行動は許されない。面白いのはセビージャのスタジアムに集められて1時間半くらいかけて徒歩でやって来ること。徒歩が一番コントロールし易いからだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ