人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年6月30日

11人で戦い切る覚悟と意志。中村忠監督も認め始めたエネルギーの発火【高円宮杯プレミアリーグEAST FC東京U-18×浦和レッズユースレビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

球際でも90分間戦い続けたFC東京U-18

「僕のスタイルとしては基本的に先発がやり切るという形で、出し惜しみしている選手がいれば当然代えますし、ケガをしたら当然代えますし、疲れたら当然代えるしというスタンスなので、今日も疲れていたらいつでも代えようと思っていたんですけど、みんなやり切るみたいな雰囲気があったので、正直代えづらかったなと」(中村忠監督)。

FC東京U-18の選手たちは、浦和レッズユースを1-0で倒した勝利の瞬間、各々の位置で、各々がその喜びを噛み締める。まるで体力の“ゲージ”がゼロになってしまったかのように、その場で座り込む選手も少なくない。それもそのはず。タイムアップの笛をピッチで聞いた11人と、キックオフの笛をピッチで聞いた11人は、まったく同じ顔ぶれだったのだ。

指揮官も言及した「みんなやり切るみたいな雰囲気」は確かに漂っていた。若き青赤の逆襲。彼らが放つ個々のエネルギーは、1つの集合体として少しずつ強い意志を帯び始めている。

J SPORTS 放送情報

3月下旬。プレミアリーグの開幕を2週間後に控えたタイミングで、FC東京U-18を率いる中村忠監督が浮かない顔で、こう言葉を発する。「監督になって僕も3年目になりますけど、一番厳しいシーズンになるなというのが正直な所で、1人1人が本当に力を付けていかないと、トップには上がれないというのが結構はっきりしているかなと。ただ、チャンスがない訳じゃないので、それを本気で狙いに行くヤツがどれだけ出るかは、これから次第だなと。あとはゲームに対するエネルギー、サッカーに対するエネルギーですね。内から湧き出てくるものをサッカーに出せるようになってくるか、出せるようになる選手が何人出てくるか、でしょうね」。

『サッカーに対するエネルギー』。これは中村監督が、常に選手たちへ課している要求だ。ベーシックでありながら、あるいは一番差の付く部分。たとえば昨年の3年生たちは、誰もが想定できなかったコロナ渦という状況で、サッカーをする環境自体を奪われたことが、結果的に大きなエネルギーを生み出すことになった。自粛期間が明け、トレーニングが再開された時、指揮官も3年生の発するそれを強く感じ取ったという。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ