人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年6月28日

横浜FCユース、山崎太新は圧倒的なクオリティでチームを勝たせる10番に【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

山崎太新

高校年代における最高級の猛者が集う高円宮杯プレミアリーグのステージでも、この男の躍動を抑えることは容易ではない。その上、凄まじい切れ味を誇るドリブルでの突破のみならず、ゴールを決めることまでも覚えてきているのだから、手に負えない。「毎試合チームを救うようなゴールを獲りたいですし、自分がこのチームを勝たせるという部分を、常に求めてやっていければと思います」。横浜FCユースのナンバー10。山崎太新の放つ輝きの眩しさは、日々磨かれ続けている。

J SPORTS 放送情報

その才能は、ユースに昇格してきた1年時から高く評価されていた。先輩たちに交じって、プレミアリーグへの昇格を経験。昨年はコロナ禍でその開催がなくなり、プレミアリーグ関東という限定的なコンペティションに参加する中で、全7試合にスタメン出場。さらに年末のクラブユース選手権では、2回戦の三菱養和SCユース戦で1ゴール2アシストと大暴れ。確かな手応えを掴んで、最終学年へと突入する。

1年間待って、ようやく実現した高円宮杯プレミアリーグへのチャレンジ。山崎は開幕戦の柏レイソルU-18戦から、待ちに待った舞台でそのポテンシャルを解き放つ。再三左サイドを縦へのドリブルで切り裂き、チャンスを演出し続けると、32分には一転して中へとカットインしながら右足一閃。ボールは右スミのゴールネットへ鮮やかに突き刺さる。

「あのエリアは得意なエリアでもありますし、『持ったら仕掛けよう』と常に思っていて、あそこは上手く抜けて良いシュートを打てたので、良かったかなと思います。行けるイメージがありましたし、あそこが“山崎太新”なので(笑)。あの位置はトレーニングからやっているので自信があります」。左45度からの得点は、いわゆる十八番。形を持っているアタッカーは、強い。結果的にこれが決勝ゴール。チームを勝たせる仕事を完遂してみせた。

さらに圧倒的な“結果”を示したのは、第5節の浦和レッズユース戦。この日は左サイドハーフに位置しつつ、インサイドハーフの前田柊と巧みにポジションを入れ替えながら、空いているスペースの有効活用を試みると、27分には左に出ていた前田のクロスに、きっちり中央にポジションを取ってフィニッシュ。同点弾を叩き出す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ