人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年6月28日

バルサ復権の鍵を握る《天才》フレンキー・デ・ヨング「周りがどう思うかは関係ない」

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line

フレンキー・デ・ヨング 映像協力:Diari ARA

フレンキー・デ・ヨングは「完璧なMF」と呼ばれる。

パス能力は良く知られている。彼は昨シーズン、リーガエスパニョーラで最もパスを出した選手であり、その成功率92%はMFではクロースに次いで2番目。攻撃面の指数ではゴール3もアシスト4もチーム5位。それとあまり知られていないことだが、ドリブルも得意で58はチーム3位でメッシ、デンベレに次ぐもの。ペドリやグリーズマンの倍である。守備面ではボール回復数でブスケッツ、ジョルディ・アルバに次ぐチーム3位。現在、開催中のEURO2020でも似たような数字を残している。欧州の名手ぞろいの大会でパス本数でMFとしては6位、ドリブルで15位、ボール回復数で22位である(グループステージ終了時)。

実はもっと凄い数字が残っている。それが出場時間数である。彼の記録した3159分はリーガ全体でGKを除けば2位。リーガ38試合中36試合で先発し、うち29試合がフル出場。つまりほとんど休まない。バルセロナの2シーズンでケガは1度だけで、昨シーズンは1度もケガをしていない。180cm、74kgはサッカー選手としては普通の体格だが頑丈で体力抜群なのだ。

これ、若さ(24歳)だけのせいにしがちだが、若くてもケガがちの選手、後半にパフォーマンスが落ちて交代を用意しておかなければいけない選手はいる。EUROでもシーズンの疲れを引きずっている様子はない。3試合すべてに先発し休んだのは10分間だけだ。繊細なテクニシャンではない。フィジカルのタレントでもあるのだ。

以上、こうして見えてくるのは、“パスで中盤を支え、ドリブルでの単独突破もでき、フィニッシュにも絡み、ボールを奪い返すために労を惜しまない選手”なのだが、この描写でさえ彼の全体像を把握するのには十分ではない。昨季のリーガでは守備的MF(ブスケッツがプレーするところ)で16試合、CBで6試合、トップ下で1試合と前から後ろまでまんべんなくプレーし、本職のインサイドMFとしては14試合しか出ていない。つまり、彼は何でもできる選手であり、どこでもプレーできる選手なのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ