人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年6月15日

大宮アルディージャU18、山崎倫が自身の結果で切り拓いていく未来 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line
山崎倫

大宮アルディージャU18 山崎 倫 選手

一度スピードに乗られたら最後、もう止めることは難しいと、対峙したディフェンダーは覚悟せざるを得ない。ジャックナイフのように相手陣内を切り裂いていくドリブルには、爽快感すら漂う。「アルディージャの10番は期待される番号なので、去年の柴山昌也選手以上に結果を残しつつ、相手に恐怖を与えられるような選手になって、チームでも絶対的な存在になっていきたいなと思っています」。大宮アルディージャU18のナンバー10。山崎倫は自身の結果で、未来を切り拓いていく。

J SPORTS 放送情報

小学生時代から、その存在は広く知られていた。埼玉県内の強豪、レジスタFCで3年生から技を磨き、5年生の時には主力として全日本少年サッカー大会に出場。昨年度の高校選手権で山梨学院高のキャプテンとして日本一に輝いた熊倉匠(現・立正大)や、やはり昨年のFC東京U-18でキャプテンを務めていた常盤亨太(現・明治大)といった1学年上の選手に交じり、準決勝で柏レイソルU-12に敗れたものの、3位という成果を得る。

ただ、それに満足しないあたりが、この男のサッカーに懸ける情熱の大きさを物語る。「凄く悔しくて、1年間必死に努力しました」という1年後の全日本少年サッカー大会では、再び埼玉県代表の座を手にすると、準々決勝で柏レイソルU-12にリベンジを果たし、日本一を勝ち獲ってしまう。「自分がやってきた努力が報われたことが凄く嬉しかったので、もっと努力を続けようと思いました」。向上心の塊。その姿勢は18歳になった今でも、全く変わる所はない。

今シーズンはチーム事情もあり、プレミアリーグの序盤戦はサイドハーフでの起用が多かったものの、第4節以降は本来のフォワードに復帰。「フォワードの方がゴールに近くて、パスでもドリブルでもどちらでも行けるし、行けなかったら後ろに下がったり、自由にできるとは思います」と改めて“本職”の楽しさを味わいつつ、自分の結果にもフォーカスし続ける。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ