人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年5月27日

青森山田が掲げる『1本中の1本』。それはウォーミングアップから貫かれていた【高円宮杯プレミアリーグEAST 清水エスパルスユース×青森山田高校レビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

「セットプレーを山田は武器にしている中で、そのセットプレーの確認の時に『1本中の1本』という山田のコンセプトを全員が体現していないという話を監督からされて、練習がすべてなのに、練習から100パーセントでやれなかったら、試合で結果が出る訳がないということを厳しく言われました」。

黒田剛監督が、その真意を明かす。「失点ゼロで行っていると、何となく経験の中から、アップダウンの所とか、カバーとか修正の所とか少しずつルーズになってくるものだから、そこをもう1回きちんと初心に戻ってやろうよと。ワンプレーとか、10センチとか、最後の何秒といった所は、ウチが一番こだわっている所だから、そこで足が出るかどうか、戻れるか、5メートル寄せられるかという所が勝負の明暗を分ける所もあるし、そこは練習からかなり厳しく言っていますね」。

J SPORTS オンデマンド番組情報

『1本中の1本』というコンセプトは、それこそゴールを奪う部分だけにとどまらない。1本のシュート。1本のクリア。1本のセーブ。1本のブロック。まさに「勝負の神様は細部に宿る」を地で行くようなそのメンタリティは、青森山田が青森山田であるために最もこだわっている部分でもある。

前述の清水ユース戦。試合前のウォーミングアップから、青森山田の選手たちには良い意味での緊張感が漲っていた。キャプテンの松木玖生が、名須川が、渡邊が、藤森が、1本1本のシュートを丁寧に、力強く重ねていく。センターバックの丸山大和と三輪は、1本1本のヘディングに気合を注入していく。もちろん首位攻防戦というシチュエーションではありながら、そのウォーミングアップはある意味でいつも通り。試合前から『1本中の1本』にこだわる姿勢は、既にグラウンドの上で眩く貫かれていた。

開幕7連勝を飾った清水ユースとの試合後、新記録達成について尋ねられた松木は、こう答えている。「監督から資料を戴いた時に、(プレミアWESTでは)サンフレッチェ広島が8連勝ということを知ったので、自分たちはまだまだなにも成し遂げていないですし、7連勝は嬉しいですけど、これが青森山田のベースかなと思っています」。

果たして2021年の青森山田が携える“ベース”はどこまでその基準を上げていくのか、今からとにかく楽しみだ。

文 土屋雅史

【全4得点振り返り!】清水エスパルスユース vs. 青森山田高校

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ2021 EAST 第7節

土屋 雅史

土屋 雅史

Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、デイリーサッカーニュース Foot!を担当。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ